ものづくりニュース編集部

ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。

いすゞ自動車と言えば、トラックなど商用車のトップメーカーだが、1991年にはF1のエンジンを開発し、関係者から高評価を得ていたことは意外と知られていない。今回、そんな幻と言われていたいすゞのF1エンジンのテストドライブの...

1000℃付近の高温域では通常、白金線を使ったセンサーが使われるが、抵抗値の不安定さや熱ひずみによって精度の高い温度測定は難しいとされている。そのため半導体製造や金属の表面処理など、燃焼や加熱、熱処理工程がある現場では、...

と言っても、この自動ブレーキは「ベビーカー」の話です。 この発明は、今年の春に第74回全日本学生児童発明くふう展で内閣総理大臣賞を受賞したというスゴイもので、構造や部品はいたってシンプル。電子工作キットで十分に作れ、いま...

いつも”ものづくりニュース by aperza”をご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、ご利用規約/プライバシーポリシーを一部変更いたしましたのでお知らせいたします。 ご利用中のお客...

2016年6月22日〜24日の3日間、東京ビッグサイトにて機械要素や加工技術が一堂に集まる展示会「機械要素技術展(M-Tech)」が開催されました。 当日は設計・開発、製造・生産技術部門を対象に過去最多の2,350社が出...

2016年5月25日〜27日の3日間、インテックス大阪にて電気設備に関する機器・資材・工具と施工技術などに関する国内最大級の総合展示会「JECA FAIR(電設工業展)2016」が開催されました。 業界注目の展示も多く、...

いまや年間24万台以上の販売がある産業用ロボット。 自動車から電子機器、食品や医薬品まで、大小さまざまなものを作るロボットですが、それ自体はどのように設計され、どのように組み上げて作られているのでしょうか。 産業用ロボッ...

超高級車の代名詞とも言えるロールスロイスから、とんでもないコンセプトカーが発表されました。 108EXという名の電気自動車で、その外観も内装も、これまでの車の概念を吹き飛ばすような奇抜なもの。一体何がとんでもないかは、ま...

NECは、生産現場のデータ収集・可視化、生産性とサプライチェーンの流れと品質工場を実現する「ものづくり見える化ソリューション」を発売する。同ソリューションは、NECの工場で採用し、生産プロセス改善のためのデータ分析時間を...

国際ロボット連盟(IFR)の調べによると、2015年の世界のロボット販売台数は24万8000台となった。14年の22万1000台にから12%増加し、これまでで最多。リーマンショック以降、世界的に自動化の大きな波が進んでお...

物質・材料研究機構と東北大学、フォックスコーポレーションは、低摩擦材料である酸化亜鉛(ZnO)をコーティングしたベアリングの開発に成功した。同製品はこれまでのベアリングに比べて摩擦係数は2/3に低減。長寿命につながるほか...

現存しているバーコードシンボルの中でもっとも古いシンボルは、スタンダード(インダスリアル、ディスクリート)2 of 5である。これは、スペースを使用せず、バーのみでコード化したシンボルである。シンボルキャラクタは、5本の...

122 / 124<<...102030...120121122123124