『報告書』の記事一覧 : 26件

南米が新たなアイデンティティ詐欺の温床となるなど、グローバルなサイバー犯罪の質的変化が明らかに 世界中で検出および阻止されたサイバー攻撃は2憶1000万件、前年比62%増 盗まれた個人情報がグローバルに流出することで経済...

技術報告書の大切さは何度も述べているので認識されてきてはいるのですが、そもそも書かせたものの内容の意味がわからない、つまり《難解》である というケースが非常に多いようです。 原因の一つとして真っ先に挙げられるのが、 「文...

技術者の人材育成というと、学会やセミナーに行って専門知見を積んでくる、と考えるのが通常のようです。 ところが、文章作成力に裏打ちされた論理的思考力が無いと学会やセミナーに行ったところで、そこで十分な情報を整理して取得し、...

 富士通は2016年10月26日、富士通システムズ・イーストが開発した、建設現場の検査業務の精度向上や作業負荷軽減に貢献するパッケージソフト「FUJITSU Manufacturing Industry Solution...

 田淵電機は「CEATEC JAPAN 2016」(2016年10月4〜7日、幕張メッセ)において、AR(拡張現実)技術を活用した太陽光発電所のパワーコンディショナー(PCS)の維持管理システムを参考出展した。タブレット...

 低圧太陽光発電所(10以上50キロワット未満)は、キュービクル設備や法定点検、電気技術責任者の設置が不要であるように、電力網に与える影響や周辺環境などの被害などの危険度が小さいため、基本的にはメンテナンスも自主点検とさ...

 8月23日に開催した産業構造審議会の総会で、2017年度の経済産業政策の重点テーマが固まった。未来に向けた民間の投資を呼び起こすため、4つのテーマを中心に政策を展開するのと合わせて、エネルギー・電力分野の改革と福島・熊...

 三菱自動車の燃費不正問題に関する特別調査委員会は2016年8月2日、東京都内で会見を開き、三菱自動車に実施した調査の結果を報告した。軽自動車4車種をきっかけに明らかになった一連の不正について、2016年4月25日〜7月...

USB Type-C登場による変化  富士キメラは2016年7月、コネクターの世界市場に関する調査結果を発表した。同調査結果では、2020年のコネクター市場は2015年比10.6%増となる2兆8453億円になると予測した...

 橋梁やトンネルなどの社会インフラの老朽化が進む中で、維持管理コストの増大や点検作業などの専門知識やノウハウを持つ人材の減少が大きな課題となっている。そこで活躍が期待されているのがロボットだ。点検作業の効率化や省人化など...

 富士通マーケティングは2016年7月13日、タブレットを利用して点検情報を管理する同社のクラウド型ソリューション「FUJITSU Enterprise Application AZCLOUD SaaS teraSpec...

 ヴァイナスは2016年7月5日、米TransMagicが開発した、CAEのためのCAD面自動修復/CADデータ変換ツール「TransMagic(トランスマジック)」の最新バージョン「R12」を日本国内で販売開始した。 ...

1 / 3123