kenmochi.tomohisa

1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ

協働ロボットやサービスロボット、コミュニケーションロボットなど、さまざまなロボットが市場に出るなか、豆蔵は、東京農工大学との共同研究により産業用ロボットアームの開発期間を短縮するための設計手法を実用化した。これまでロボッ...

世界で高く評価される日本の食文化。SUSHI(スシ)、TEMPURA(テンプラ)、SAKE(サケ)など、表記がそのまま世界で使われる言葉になったものがたくさんある。またSUMO(スモー)、SAMURAI(サムライ)、KI...

講談社と、手塚プロダクション、NTTドコモ、富士ソフト、VAIOの5社は、“日本を代表するロボット・キャラクター”「鉄腕アトム」を目指し、「ATOMプロジェクト」を開始。プロジェクト第1弾として、コミュニケーション・ロボ...

日本工学院と武藤工業が主催する「第5回 高校生ものづくり川柳コンテスト」の受賞作品が発表され、3月11日に表彰式が行われました。 今回のテーマは「ものづくりの楽しさ・面白さ」をテーマにしたもので、 大賞に選ばれたのは。。...

 ハネウェルのプロセスソリューション部門であるHPSは、2月22日と23日の2日間、横浜市の横浜ベイホテル東急で「2017ジャパン・テクノロジー・サミット」を開催した。石油や石油化学、化学、ガス、紙パルプ、プラントメーカ...

少子高齢化が進むなか、日本の製造業は生産性を上げながら、かつ労働者が働きやすく、長く定着してくれるような職場環境つくりが必須となっています。では、実際にそれらを実現している企業とはどこなのでしょうか? 厚生労働省が第1回...

少子高齢化対策、生産性向上に向けて、中小企業等で急速に関心が高まっている産業用ロボットだが、その一方で、現場へのロボット導入を担う「ロボットSI(システムインテグレータ)」の不足が深刻化している。経済産業省と日本ロボット...

東芝の次世代ものづくりソリューション「Meisterシリーズ」が、IVIのプラットフォームの候補として採用され、2016年度の3つの業務シナリオワーキングで本ソリューションの実証実験が行われ、IVIの公開シンポジウムで成...

あの日本電産が、IoTと小型モーター、制御技術を駆使して作ったのが、スマートフォンでペットボトルの蓋を開ける「スマートペットボトル」。 まさかのおバカ商品です。 「手で開ければいいじゃん」と突っ込みたくなるところですが、...

製造業で頑張るすべての方々に向けて、心にグッとくる製造業CMをご紹介 第2弾も、第1弾に引き続いて本田技研工業から 負けるもんか 本田技研工業(2012) ホンダの歴代の名車が流れていくのを背景に、 淡々と語られるナレー...

仕事柄、取材でIoTをテーマにした講演を聞く機会が多い。大企業のマネジメント層、スタートアップ企業の社長、大学の研究者など講演者は様々だ。内容で共通しているのは「IoTはあくまで課題解決の道具」「課題を明確にしないと取組...

ものづくりニュースでは、これから製造業の世界に飛び込んでくる新入社員と、すでに働いている若い技術者の皆さんに向けて、製造業の先輩たちからの「これから一緒に頑張っていく人にオススメする一冊」という企画を4月にスタートします...

68 / 95<<...102030...6667686970...8090... >>