kenmochi.tomohisa

1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ

センサ・アクチェータレベルのネットワーク「ⅠO―Link」の日本での普及を進める「IO―Linkコミュニティ ジャパン」が4月に発足した。幹事会社は、オムロン、ケーメックス、シーメンス、ターク・ジャパン、バルーフ、ビーア...

オムロンは、機械学習型AIアルゴリズムを搭載したマシンオートメーションコントローラーの開発を発表するとともに、FA機器へのAI/IoT技術搭載を2020年までに順次進める。熟練技術者が持つ知見や勘をAIに置き換えることで...

世界一のロボット大国を目指す日本。 産業用ロボットやサービスロボットのニュースが世間の注目を集めるなか、その一方でこんな話題があるのを知っていますか? クラタス(日本) vs MEGABOTS(米) 巨大ロボット同士の対...

日立製作所は、IoTを活用し、製造現場において作業進捗をリアルタイムに見える化する「進捗・稼働監視システム」、および対策優先度の高いボトルネック作業の早期改善を支援する「作業改善支援システム」を2017年7月より提供開始...

ストラタシスは、米ピッツバーグで開催された「RAPID+TCT Show」で、アディティブ・テクノロジーを活用した少量の連続生産向けの新しいプラットフォーム「Stratasys Continuous Build 3D D...

オークマと日立製作所は、IoTを活用し、マスカスタマイゼーションに対応した高効率生産の先進モデル確立に向けた協創を開始した。両社はオークマの新工場Dream Site2(愛知県丹羽郡、以下DS2)において実証モデルを立ち...

富士通は、日本の製造業における競争力強化を支援するサービスおよび設計から製造、保守までものづくりのあらゆる情報をつなげるプラットフォームをものづくりデジタルプレイス「COLMINA(コルミナ)」として体系化し、その構成要...

みんな大好きなマンガ。かつては子供の読み物と言われましたが、最近はサラリーマン含めて老若男女問わず広がり、世界に誇る日本文化の一つでもあります。 製造業を題材としたマンガも数多く出版されていますが、なかでも技術者の悲喜こ...

4G LTEの次の無線通信規格である5G。 より高速で大容量のデータ通信が可能になりますが、そうなると製造業はどうなっていくのか?そもそも、そんなに高スペックの通信は必要なのか?そんな疑問が沸いてきます。 そこで、 5/...

アメリカ、韓国に続き、フランスでも新大統領が誕生しました。 エマニュエル・マクロン氏 です。 マクロン新大統領は元銀行エリートで39歳という若さと、24歳年上の夫人などで話題になっていますが、かたや経済や製造業の観点から...

2G、3G、3.5G、4Gと高速・大容量転送可能へと進化を続けてきた無線通信。 次の5Gでは一体どうなるのでしょうか? 特に製造業ではどう使うことができるのか? そこで今回は、 5/24〜26まで東京ビッグサイトで行われ...

 アマダと富士通は、アマダが提唱する近未来のモノづくり「V-factory」の一環として、IoTを活用した新たなサポートサービスを構築するため、顧客とアマダをIoTでつなぐ機器「V-factory Connecting ...

68 / 101<<...102030...6667686970...8090100... >>