『AR』の記事一覧 : 9件

2019年1月16日(水)~18日(金)の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第5回 ウェアラブル EXPO」。 最新のウェアラブル端末から、IoT、AR/VR技術、最新ウェアラブルデバイス開発のための部品・材料まで、...

福岡造船(福岡市中央区)は、富士通および富士通マーケティングとAR技術を活用した船舶部品の管理システムを共同で開発し、運用を開始した。 同プロジェクトは国土交通省が推進するIoT技術やAIを活用し、造船の生産性向上のため...

横河電機は、モバイル端末を活用し、遠隔地から現場をサポートする、コミュニケーション支援サービス「SensPlus Buddy(センスプラス バディ)」を開発、11月10日から発売した。価格はユーザID数5、年間契約のパッ...

シュナイダーエレクトリックのグループ会社であるデジタルは、拡張現実(AR)技術により生産現場での保守作業を効率化し、人的ミスを削減するソリューション「EcoStruxure Augmented Operator Advi...

2017年6月21日〜23日に東京ビッグサイトで開催された「第25回 3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」(日本ものづくりワールド2017内)。 VR・AR、ヘッドマウントディスプレイなど最先端の3D技術...

IEEE(アイ・トリプル・イー)は、『VR/ARの現状と未来への展望』と題したプレスセミナーを、2月16日に東京・大手町で開催した。今回は、VR(人工現実感)/AR(拡張現実感)やウエアラブル端末のほか、それらを活用した...

三菱電機は、ウエアラブル端末を活用して、AR(拡張現実)表示による点検手順の確認とハンズフリーでの点検結果の音声入力ができる「3次元モデルARを用いた保守点検作業支援技術」を開発した。騒音が大きい作業現場でも高精度に音声...

※当コンテンツは新日鉄住金ソリューションズ株式会社の提供でお届けいたします。 NSSOLは、AR(拡張現実感)やウェアラブルデバイス(身につけて持ち歩くことができる機器や装置)の技術を使って、製造や物流を中心とする現場作...

 三菱電機株式会社は、ウエアラブル端末を活用し、AR(拡張現実)表示による点検手順の確認とハンズフリーでの点検結果の音声入力ができる「3次元モデルARを用いた保守点検作業支援技術」を開発した。「高騒音下音声認識技術」によ...