『清掃』の記事一覧 : 9件

Q:置く場所を決めるとは? A:1回目の「床の清掃」は、床にはいつくばって、手で水拭き清掃を行うことをお勧めします。 普通、床の清掃は柄のついたモップを使います。 手で拭くのと汚れの取れ方は同じですが、一つだけ違いがあり...

Q:機械の清掃で注意することは? A:機械の清掃は、慎重に行うことが重要です。 むやみに機械にペンキを塗って汚れをごまかすのではなく、ウエスなどで少しずつ丁寧に油や汚れを取っていきます。 必ず守ることとして、2つがありま...

Q:清掃用具の置き方は? A:モップやほうき、雑巾、バケツなどは、どこに置いていますか?普通は、掃除用具を入れるロッカーの中に入っています。 それはダメ!! ロッカーの中では、外から見えないため、掃除用具が汚くなっていき...

Q:整理(捨てる)の次は? A:多くの5S活動の本には、「整理→整頓」と書かれています。 せっかく、「整理」でスッキリさせたので、さらにキレイにしたくなります。 だったら、「整理→清掃」の方が自然だと思いませんか? 「ム...

誰にも聞けない「サービス業の3S改善」現場改善コーチが伝授します 【8】清掃とは「いつもピカピカ」 「整理」で要らないものをたくさん捨てたので、あなたの周りがスッキリしました。 すると、汚れやゴミ、ホコリが目立つようにな...

前回まで3回にわたって「5S」のうち最初の「3S」が重要であり、それに取組んだことを紹介しました。そして、汚い工場でよい製品は作れないことを取引先に認識してもらうことが先ず大事だという話をしました。   引き続...

前回、前々回で、5Sだけど実際にやったのは3Sという話をしました。先ずは、「汚い工場でよい製品は作れない」との認識を持ってもらうこと。そのための清掃を徹底してやる。   整理では、現場に余計なものを置かない。整...

前回「5S」に関する取引先指導に関しては、先ず汚い工場ではよい製品を作れないことを相手に認識してもらうことをやると話ました。そのために「5S」の3つ目の「清掃」これをしっかりやってもらうことに注力しました。それができてか...

儲けと言う文字は“信”じる“者”の合成語だそうです。 企業内や仲間内で、何かの方針や行動理念などに、理論的に何らかの正しいと思う内容が有り、信じて行動することは良いのですが、どのように形が整っていても、第三者や顧客、従業...