ものづくりニュース by aperza

『技術者』の記事一覧 : 89件

技術者や研究者によくあるのが、「自分でやり切らないと気が済まない」という抱え込みの修正です。 特に個人プレーの多かった大学卒業から数年程度の若手技術者はこの傾向が強いのが一般的です。 彼らに必要なのは、「先陣に助言を求め...

今日のコラムでは技術者の育成の一環として遠隔での協業について述べてみたいと思います。 技術競争が激化する昨今、国内外問わず離れた企業や組織の間で協力して仕事を進める共同開発も珍しく無くなりました。 どうしても協業、技術で...

若手を中心に技術者は、「高い技術力で、他社を圧倒すべき」というスローガンを掲げがちです。 当然ながら不可能と言われたことを可能にできるコア技術を開発できれば、それは絶対的な競争力へとつながっていくでしょう。 ところが、そ...

円安で製造業の輸出業が好調とはいえ、基本的には日本の製造業は人件費の安い中国や東南アジアに押されてしまっています。 そのような中、必要とされているのが、「新付加価値の技術」です。 ここで問いかけたいことは、新付加価値の技...

技術者の指導に関するポリシーというものは、同じものづくり企業の間でも各社各様です。 それは各企業がその企業が創業以来歩んできた道のりによって形作られたものが指導のポリシーに反映されているはずだからで、技術者の指導ポリシー...

若手技術者は自らの専門性にこだわる、専門性至上主義にとらわれています。 日々「自分の専門は何か」という問いかけをしながら過ごしているケースが多いと思います。 もちろん専門性は何かということを意識しながら仕事をすることは大...

何度指導しても、どこかで他人事。 べき論を振りかざすだけで一向に前に進まない。 打ち合わせでも発言せず黙っているだけ。   そんな若手技術者に閉口することは無いでしょうか。   このような若手技術者に...

チームの状況把握、問題に対する対策検討など、定例でミーティングを行う場合、通常どのような流れで行っているのでしょうか。 各チームメンバーが淡々と状況報告をするだけになっていないでしょうか。 これでは貴重な時間を使って集ま...

多くの仕事がなかなか進まないという中で、若手技術者が苦しんでいる時いつ 手を差し伸べるべきか悩む、ということは無いでしょうか。   面倒見のいい上司の方はすぐに、 「全体を把握したいからすぐにでも話を聴かせてく...

グローバル化という言葉が化石化しつつある現代では、当たり前になっている海外とのやり取り。 アジアの虎、中国が世界経済を牽引、あらたな市場として注目される東南アジア、オリンピック開催に沸く南米。 それぞれ中国語やブラジル語...

1 / 912345... >>