『基礎知識』の記事一覧 : 396件

高い信頼性 一次元シンボルは、バーをどこでも横切るようにスキャンさえすれば読み取ることができるので、バーのどこかに傷や汚れがあった場合、そこを逃げてスキャンすれば読み取れる。このシンプルな仕組みの冗長性が、バーコードの高...

バーコードシンボルとは 「バーコードシンボル」は、光学的反射率の高い部分と低い部分との組み合わせで情報を表示し、機械的に読取可能にした情報媒体の総称である。したがって、一次元シンボルと二次元シンボルを含んだ総称であり、バ...

計測・制御機器を製造、販売するスペクトリス株式会社 オメガエンジニアリング 事業部が、温度・圧力・流量センサの技術情報を掲載した技術書『テクニカルリファレンスハンドブック』を制作、無料配布を開始した。 測定・制御分野で欠...

短時間で試作ができ、コストダウンも図れるとして製造業現場でも普及の進む“3Dプリンター”。しかしそのメリットは理解しながらも費用対効果が気になったり、種類が多すぎて選びかねているという方も多いようです。 そこで今回は“3...

レーザーマーカとは 対象物にレーザビームを走らせることで、文字や絵・マークを印字するマーキング装置です。 レーザマーカの原理 レーザ光を利用して非接触で対象物に印字します。レーザ光は発信器内の反射ミラー間を往復し、増幅さ...

接触回転式捺印機の原理 接触回転式捺印機は摩擦により回転する無動力捺印機とモータにより回転する動力捺印機があります。 接触回転式捺印機の用途 最も使用されている用途としては段ボールケース用が挙げられます。ゴム印を回転させ...

活字交換式の原理 金属活字を用いプリンタテープから被印字物に熱転写して印字を行います。 ホットプリンタの特徴 ホットプリンタはインクの代わりに箔テープを使用するサーマル活字式で手や機械が汚れないという特徴があります。印刷...

サーマルマーキングプリンタとは インクジェットが非接触式のマーキング装置である一方、サーマルは接触式のマーキング装置の代表です。 サーマルマーキングプリンタの原理 熱転写リボンを用いる産業用サーマルマーキングプリンタは、...

大文字用インクジェットプリンタ(ピエゾ式)の原理 ピエゾ式はピエゾ素子に電圧がかかると伸縮する圧電素子で、この素子にかかる電圧を制御することでインクを噴出させます。ノズル部分にはインクが常に滞留し、インクタンクと重力でつ...

小文字用インクジェットプリンタ(CIJ)の特徴 インクジェットプリンタで二値偏向式とも呼ばれます。一般的には32ドットまでの文字を速乾性インクで印字するマーキング装置で印字対象を選びません。プラスチックや金属などに印字す...

肉眼では確認できない高速現象をスローモーションでとらえ、 観察や計測を行うハイスピードカメラ。あらゆる分野の研究や開発で活用されています。 基本を押さえたい方向けに基礎知識や活用例、歴史について解説されたサイトを集めまし...

ようするに長寿命でエコなんでしょ? ということは分かりつつも、 「じゃあ白熱灯や蛍光灯とは何が違うの?」と問われたら説明できない……。 そんな方におすすめの「LED」の基礎や仕組みについて解説されたサイトを集めました。 ...

33 / 33<<...1020...2930313233