ものづくりニュース by aperza

『基礎知識』の記事一覧 : 366件

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:フリッカー フリッカーとは蛍光灯などのちらつきのことですが、シーケンス制御では点滅などのことをフリッカーと呼ぶことがあります。 シーケンサには内部クロックがあり、特殊リレーとして...

バーコードや2次元シンボルのシステムを導入したが、思ったほど効果が出ていない、あるいはトラブルが多く効率が低下した、大きなシステム変更が必要になったといった話を聞くことがある。 それは、システム導入が目的になっており、本...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:オルタネイト動作 オルタネイトやモーメンタリという言葉を聞いたことがあるでしょうか? スイッチなどをカタログで選ぶ時にも出てきます。簡単に説明します。 まずモーメンタリの説明です...

バーコードは、情報システムに対する入力手段としては、早い入力速度、優れた読取率、低い誤読率、安価なメディア、安価なバーコード関連機器等の特長により、幅広く利用されている。 そこで、バーコードが情報システムな中で果たしてい...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:設備の修理 自分の製作した設備、自分がプログラムを組んだ設備が突然停止することがあります。 何回動作させても、一定の部分でタイムオーバーとなり停止します。このような症状が発生した...

自動認識技術とは バーコードは、流通、物流、製造、サービス、行政、研究、医療、教育等、様々な分野で使用されている。 それは、単なるブームではなく、他の自動認識技術に比べ多くの優れた特長をもっているからである。 一方では、...

※当コンテンツは『面白狩り』の提供でお届けいたします。   そうですね。 慣れないと確かにややこしいですね。 でも、ときどきそんな考え方をして欲しいんです。   それはいつもと違うものの見方ができて発...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:デバッグ シーケンス回路作成がある程度完成したら、実際にシーケンサーに書き込んでデバッグをはじめます。 デバッグとは実際に動作させながら不具合がないかチェックを行い、不具合があれ...

ダイレクトパーツマーキングDPMとは、ラベルを使用せず製品に直接マーキングする技術である。 2次元シンボルのダイレクトマーキングは、半導体や液晶のようにマーキングスペースが極めて少ない製品に対して行われていたが、近年、生...

基礎からはじめるシーケンス制御講座 中級:プログラムの流れ プログラムの基本的なことは説明しました。今までの説明ではPCパラメータというものをあまり意識しませんでした。 しかしプログラムを製作している時、「このようなこと...

※当コンテンツは『面白狩り』の提供でお届けいたします。   ところで、チョレートサンデーの機能を甘くて冷たくて美味しい栄養をくれるっていうことにすると、甘くて冷たくて美味しくするためにはどうしたら良いんだろう?...

バーコード検証の歴史 バーコードシンボルの印刷品質は、バーコードの読取率や誤読率に大きな影響を与える。 したがって、バーコードシンボルの印刷品質を維持することは、バーコードシステムにとって極めて重要なことであり、そのため...

1 / 3112345...102030... >>