『中国』の記事一覧 : 229件

前回、72歳工場長のモチベーションの1つに、自分の培ってきた経験を工場スタッフに伝えることがあると書きました。   これについて中国工場で総経理をしているAさんから「共感が持てる」とのコメントをいただいた。 今...

前回と今回で、中国工場の72歳の元気な工場長の話をしています。   いったい何がこの工場長の気力の源であろうか?工場長にそれとなく聞いてみたことがあります。   最初に返ってきた答えは、責任でした。 ...

以前気力が萎えた元工場長のエピソードを紹介しました。 今回は逆に70歳を過ぎても尚気力が充実している日本人工場長の話をしたいと思います。   その人は、ある会社の中国工場の工場長をしています。 日本人は工場長の...

user name

小田淳

2018/8/31
ロジ

これまでの連載記事 第1回:『中国での不良品やトラブルの原因は60%日本人にあり』   中国人と会話をしていると、「没問題(メイ ウェン ティー)」という言葉によく出会います。「没」の意味は「ない」です。つまり...

「青木さんちょっと会議に来てください」 行って見ると、副社長も参加している幹部会議だ。 そこには新たに現場に掲示する「置場表示」のサンプルがプロジェクターで映し出されていた。 置場表示の案について副社長の決裁を受けている...

user name

小田淳

2018/7/30
ロジ

中国で不良品やトラブルを発生させる人は、皆さん同じ言葉を口にします。 「普通○○のハズなのに」 「○○と言ったハズなのに」 「こんなハズじゃなかった」 私はこれらを、「日本人の勘違い3大ハズ」と呼んでいます。私はソニー在...

※この記事は2017年5月25日に執筆されたものです 先回、上海に一年ぶりに行ってその変化の速さとレベルに驚かされたとお話ししました。   実はその一週間後、再び中国からの驚きの出来事がありました。  ...

貴社は長期的な視野に立った戦略を立てていますか 1.安川電機の中国ビジネス 安川電機は1915年創業の電機機器メーカーです。 コア技術として、3つ上げています。   「モーション制御」 「ロボット技術」・「パワ...

減速機トップメーカーが見る中国ロボット市場 ローカル企業育成とサービスロボット需要拡大がキーワード  世界一のロボット市場の中国。自動化熱が高まるなか、製造現場への導入はもちろんのこと、新たなロボット技術の開発や市場開拓...

地産地消で現地のニーズに合わせた開発に注力 新たな溶接技術や新市場の開拓も  安川首鋼機器人有限公司(安川首鋼ロボット有限公司)は、安川電機と中国の首鋼集団との合弁会社で、特に中国の自動車業界向けに産業用ロボットとシステ...

FAと医療業界に注目 ローカル化推進 ハイエンド市場開拓 「中国製造2025」で国の強力なバックアップを受けて急速に進む中国の自動化市場。既存の機器や装置の自動化、ロボットなど新たな自動化装置の開発、製造現場の自動化など...

今回は、資格認定に漏れがあった具体的事例について話をします。 この工場の最初の工程で加工したものの検査をある装置を使って行っていました。 その装置の所で検査内容の確認と発見された不良の処置について聞きました。先方の担当者...

2 / 2012345...1020... >>