『中国』の記事一覧 : 224件

中国工場・品質管理セミナーには、中国の自社工場をお持ちの方だけでなく、中国生産委託先の品質で苦労されている方も多数参加していただきました。   自社工場を持つと言うことは本当に大変なことです。 工場を立ち上げて...

昨日(2012年11月5日)は、名古屋外国語大学で2回目の講義でした。   講座は、「現代中国事情」で、担当は前回に引き続き、製造業から見た中国ビジネスです。   前回は、日本企業が中国に工場進出して...

昨日(2012年10月29日)は、名古屋外国語大学で講義をしてきました。   講座は、「現代中国事情」というもので、わたしの担当は、製造業から見た中国ビジネスです。   中国語学科の2年生が対象です。...

中国湖南省の私がコンサルティングをしている会社の副社長が、日本企業の工場(トヨタ系自動車メーカー)を見学した。 非常に感銘を受けたそうで、写真と感想を書いて工場の各建屋に掲示していた。 中国の経営者がどのような目で日本の...

先週土曜日(2012年9月4日)に、中国工場・品質管理セミナーのセッション1を開催しました。   今回は、自社中国工場の問題よりも部材調達先の中国企業の品質問題に課題を持っている方が多いようでした。  ...

中国工場の品質管理を進めるうえで、重要な要素のひとつに従業員教育があります。   品質管理は教育に始まって、教育に終わると言っても過言ではありませんし、そう思っています。 いかにして従業員教育をやるか、教育を仕...

前回の「命がけの技術者」で紹介したコメントには続きがあって、中国工場のトップとしての心構えを伝えてくれています。   Aさんの会社では中国にいくつか工場を持っており、自分の工場も含めて「数年前に比べて日本人駐在...

前回、72歳工場長のモチベーションの1つに、自分の培ってきた経験を工場スタッフに伝えることがあると書きました。   これについて中国工場で総経理をしているAさんから「共感が持てる」とのコメントをいただいた。 今...

前回と今回で、中国工場の72歳の元気な工場長の話をしています。   いったい何がこの工場長の気力の源であろうか?工場長にそれとなく聞いてみたことがあります。   最初に返ってきた答えは、責任でした。 ...

以前気力が萎えた元工場長のエピソードを紹介しました。 今回は逆に70歳を過ぎても尚気力が充実している日本人工場長の話をしたいと思います。   その人は、ある会社の中国工場の工場長をしています。 日本人は工場長の...

user name

小田淳

2018/8/31
ロジ

中国人と会話をしていると、「没問題(メイ ウェン ティー)」という言葉によく出会います。「没」の意味は「ない」です。つまり「問題ない」という意味になります。 私は製造現場で作業方法や設備の確認をするときや、部品の日程作成...

「青木さんちょっと会議に来てください」 行って見ると、副社長も参加している幹部会議だ。 そこには新たに現場に掲示する「置場表示」のサンプルがプロジェクターで映し出されていた。 置場表示の案について副社長の決裁を受けている...

1 / 1912345...10... >>