『中国調達』の記事一覧 : 53件

中国工場作業者の賃金体系は、会社により様々です。 日系工場では時間給としているところが多いが、 中国企業では出来高給を採用している工場が多くなる。 完全出来高給としている工場もあれば、 半分程度を出来高給としている工場も...

もし新規取引先の工場視察で、 作業指導書または作業手順書が現場になかったら 取引可否はどのように判断しますか? 中国工場を対象に考えていただいて結構ですが、 どこの国の工場でも同じです。 わたしなら作業指導書が整備されて...

弊社の中国工場セミナーでは、 生産の3要素-3M(人、機械、材料)を切り口として 中国工場の問題点を見ていきます。 日本工場と中国工場の違いを認識することが 正しい打ち手を打つことに繋がるからです。 人と機械については、...

以前中国工場作業者の賃金体系は、出来高制がよいのか、 それとも時間給(日給月給)がよいのかという話題を取り上げたことがありました。 今回は、それにまつわる事例を紹介したいと思います。   ある中国企業の工場診断...

いくつも中国企業の工場改善をやらせてもらい感じているのが、 中国企業はトップの考え方や方針でその工場がどう進むかが決まるということです。   工場改善を進めるにあたって大事なことは、 中国企業のトップが本気で「...

駐在員時代、取引先の改善指導を担当していたのですが、 実は立場的には購買部門として動いていました。 品管部門・品証部門と違うところといえば、 調達が可能であるかを常に気にしながら仕事をしていたことです。   あ...

人の流動性が激しい中国では、新人のレベルをいかに早く引き上げるか、 戦力化するかは重要なポイントです。   今までに何回か書いていると思いますが、 仕入先の不良原因対策報告書を読むと新人作業者を理由にしたものが...

今回はリード線加工メーカーを監査した時に見つけた問題点を紹介したいと思います。   新人教育に関する内容でした。 どこの会社でも新人には何かしらの教育をしてから、現場に送り込んでいるはずです。 教育内容は、会社...

前回紹介した中国調達セミナーの岩城先生は、 「中国工場のレベルを判断するには、末端の作業者を見るのが一番」と言っていました。 末端の作業者とは、その工場で一番給料の安い作業者という意味です。   一番給料の安い...

弊社では「中国調達」をどのように進めたらよいか、 どのように利益を出すかをテーマとしたセミナーを毎年開催しています。   今回は、そのセミナーで講師の先生が話された内容のひとつを紹介したいと思います。 &nbs...

前回工場監査は事前の準備がとても大事で、 それをツール化した監査チェックシートを作成して運用するようにしたことを紹介しました。   この内容に関して、読者の方からコメントをいただいたので紹介したいと思います。 ...

前回、工場監査の前に監査内容を整理するために、 監査チェックシートを作るようになったと書きました。   チェックシートの基本的内容は、先方のQC工程表に基づいて、 どんな工程で作業/生産しているのか。 管理の内...

1 / 512345