14C

Industry4.0 Central

https://industry4.jp

Industry 4.0 Central(インダストリー4.0セントラル、I4C)は、インダストリー4.0やインダストリアル・インターネット、産業向けIoTなど、製造業の革新の波である第4次産業革命についての情報を集め、深掘りする専門メディアです。CPS(サイバーフィジカルシステム)やスマートファクトリー、デジタルツイン、マスカスタマイズなど, 新たな概念についても解説しています。

中国ロボットメーカー案内の第4回目は、ESTUN(埃斯顿自动化)です。 ・1993年設立 ・制御機器のESTUN Automation、ロボットのESTUN Roboticsで構成 ・製品は CNCシステム、電気 =油圧...

「中国の美的集団(MIDEA、マイデア)が、世界トップのロボットメーカー・KUKAを買収する」今年5月にこんな衝撃的なニュースが世界を駆け巡りました。 美的集団と言えば、東芝の白物家電を買収した企業としても日本では有名。...

ドローンを使った配送など、テクノロジーで物流業界に革命を起こし続ける米・Amazon。配送センター内作業にもロボットを活用し、なんと13の配送センターに3万台の倉庫ロボットを配備し、1センターあたり2200万ドル(約24...

成長著しい中国ロボットメーカー。前回のSIASUNに続いて、第2回目の今回は、EFORT(安徽埃夫特智能装备有限公司)をご紹介します。 ・2007年8月設立 ・本拠地は安徽省 ・従業員数500人(うち300人が研究開発)...

成長著しい中国のローカルロボットメーカー。一体どんな企業があり、どんな製品を作っているのかを調査し、お届けします。第1回目の今回は、SIASUN(新松机器人自動化)です。 ■SIASUN(新松机器人自動化)とは。。。 ・...

韓国は、中国に次ぐロボット大国です。実は日本よりも国内で販売される台数は多く、2015年の国内販売台数は日本3万5000台に対し、韓国は3万7000台となっています。 一体どんなメーカーのどんなロボットが使われているのか...

インダストリー4.0や製造工程の革新と言われても、いったいどんな製造工程になるのか分からない。そんな声があるのも事実。 そこで、 インダストリー4.0に向けて先進的な取り組みを行っているメルセデスベンツの自動車製造工程の...

いまや中国は世界最大のロボット大国である。 2015年の世界のロボット販売台数24万8000台のうち、中国で販売されたのは6万7000台強。2位の韓国と日本は3万5000強台で、中国がダントツの1位となっている。さらに、...

第4次産業革命によって日本の製造業はどう変わるのか?経済産業省が60秒で解説してくれています。そちらを元に、日本のものづくりが伸ばすべきところを見ていきましょう。 ■そもそも日本はIoTをどう活用している? これは201...

第4次産業革命、インダストリー4.0という言葉はだいぶ浸透してきましたが、いまだにその中身、全貌、狙いが分からないという声をよく聞きます。そんな方にはこんな動画はいかがでしょう? インダストリー4.0の本場ドイツのドイツ...

JEITA(電子情報技術産業協会)は、27日に行われた東原敏昭新会長の就任記者会見で、 今年からCEATECは 「最先端IT・エレクトロニクス総合展」から「CPS/IoT Exhibition」 になることを発表した。 ...

言葉は知っているが、中身はよく分からないと言われる 第4次産業革命やインダストリー4.0。 とは言え、ここまで言葉が浸透すると、いまさら 「第4次産業革命、インダストリー4.0って何?」と聞きづらくなっていますよね。 そ...

5 / 12<<...34567...10... >>