テクダイヤ株式会社 Ambassador

創業40年の製造業。ダイヤモンド事業からスタートしたテクダイヤは、会社本来の「人好き」が作用し、人との出会いを繰り返しながら業態変化を続ける。 現在はセラミック応用技術・精密機械加工技術・ダイヤモンド加工技術をコアとしながら先端技術のものづくりを支える。スマホやデータセンターなどの通信市場、更にはNASAやバイオ領域にも進出中。

突き上げニードル(突き上げピン)は半導体製造時の消耗品として、チップをダイシングテープから突き上げるために使用します。近年のチップ微小化や極薄化に伴い、チップに対応する最適な装置や消耗部品が求められています。  ...

実際に中国企業と付き合う中で実感した、日本企業に足りないものとは? 一昔前の中国製品は、安かろう悪かろうと言われ、安さが売りで品質は安いなりの品質だった。 しかし時代は変わり、安いだけでなく品質も高く、そしてリリースも早...

早速ですが、皆さんは、年末調整と確定申告の違いをご存知ですか? 年末調整とは、社員(給与所得者)を対象に、事業主(給与支払者)が行う手続きです。 これに対し、確定申告は各個人が税務署に確定申告書を提出して行います。 &n...

今回は業界内で後工程に属するダイシング加工についてお話させていただきます。 ダイシングブレードを使用した切削加工となります。     1. そもそもダイシングって? モノを加工する手段の一つとして、ダ...

信頼性試験、故障解析、デバイス評価に役立つ書籍を手持ちの中からご紹介させていただきます。 弊社商品に限らず、幅広い種類の電子部品、半導体デバイスを対象としたものを選択致しました。 最新の専門特化の物ではなく、むしろ歴史の...

3Dプリンターは業務用の装置として1990年半ばごろから徐々に導入・普及が進み、今では家庭用で使用できる安価で高性能なものも増え、身近になってきています。当初課題だった精度や強度の問題も、3Dプリンターの技術改革や材料メ...

水晶デバイスは、安定した周波数や正確な信号を維持する役割として電子機器には欠かせません。スマホでは電波の送受信、自動車では自動運転の距離測定センサーに使用されています。更なる技術の発展に伴い、水晶デバイスの用途は増大し、...

企業では決算を行い一定期間の収支や財務内容をチェックしています。 家庭でも同様のことを行っています。そう家計簿です。 でもこの家計簿、一定期間(通常1カ月ごと)の収支はチェックしますが 財務内容の確認まで行っているご家庭...

1. APQP(advance product quolity planning)とは? APQPは、顧客要求事項を満たす製品やサービスの開発を支援する手法となり、ベースはISO9001:2015から来ています。 数ある...

お風呂の鏡 お風呂の鏡についてしまう、水垢! 何年も放っておくと、ちょっとやそっとの攻撃では、なかなか除去ができません。 そんなときに役立つのがクエン酸です!   用意するもの ・クエン酸 ・水 ・キッチンペー...

水晶デバイス製造装置メーカー ・三生電子株式会社 三生電子株式会社は、水晶デバイス用生産設備や計測機の製造・販売を行っています。 ブランク工程、組み立て工程、検査工程、治具関係、計測器関連など様々な製品を提供しています。...

発注点(ROP)とは、在庫がある一定量に達したときの事。 英語ではRe-Order Point(ROP)と呼ばれる、統計的在庫管理手法の一つです。   普段生活をしていく中で繰り返し使われている日用品ってありま...

4 / 28<<...23456...1020... >>