ものづくりニュース by aperza

オムロン IoTサービス基盤立ち上げ 製造現場を「知能化」

オムロン IoTサービス基盤立ち上げ 製造現場を「知能化」

オムロンはモノづくりの生産性と品質を飛躍的に向上させるため、制御と情報を融合し製造現場の「知能化」を加速させるIoTサービス基盤「i-BELT」を10月から立ち上げる。

製造現場を取り巻く環境は大きく変化しており、さまざまな課題を解決しながら生産ラインを短期間で立ち上げ、大量生産することが求められている。

これらの解決策としてAIやIoT、ロボティクスなどの技術革新を取り入れた新たな自動化ニーズが高まっているが、製造現場ではIoTを活用した具体的な生産性の向上や高度化は進んでいない実情がある。

 

「i-BELT」は、業界初のAI搭載マシンオートメーションコントローラーを軸に、同社が保有する幅広い制御機器とパートナー企業各社が取り扱う制御機器からのデータを、製造現場レベルで簡単に収集・分析し活用するためのIoTサービス基盤。

「i-BELT」を通じて、設備や工程の予兆をリアルタイムに検出し、統合的に分析できる環境を提供。

さらには、各種センサーから収集したデータを蓄積し、分析した結果を基に、制御アルゴリズムとして機器の制御に反映することで、これまで熟練技能者だけが持っていた「匠の技」をオートメーションで再現する。

 

なお、制御と情報を融合させるには、圧力や温湿度、流量などのセンシングデータやアクチュエータの情報を活用する必要があり、「i-BELT」をさらに進化させるため、設備や工程の制御に必要不可欠な制御機器を扱う国内の制御機器メーカー各社と、相互に協力し合えるオープンなパートナーシップを構築していく。

出典:オムロン「IoTサービス基盤「i-BELT」を立ち上げ」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ