『AGV』の記事一覧 : 11件

スマートファクトリーは「最適な生産を行う工場」といわれる。「早い・安い(低コスト)・うまい(品質良い)」は、どの生産現場も目指すべき「最適」。それを実現するための要素として欠かせないのが高速無線通信インフラ「5G」だ。5...

今回は、多品種少量生産において自動化・省力化のボトルネックの一つである「工場内の搬送」について取り上げます。 EV開発競争による、自律移動に関する技術の急激な進歩もあいまって、「AGV」は部品やワークを届けてもらう「自走...

製造業に特化したインターネットサービスを提供する株式会社アペルザは、「製造業向けカタログポータル Aperza Catalog(アペルザカタログ)」にて2018年上半期にダウンロードされたカタログTOP3(物流・マテハン...

 産業車両協会によると、無人搬送車(AGV)は08年のリーマンショックで激減した後、09年から再び増加傾向に転換。特にここ2年は急激な増加を見せ、2014年の納入実績が416システム1411台だったのに対し、15年は60...

けなげに主人の後ろをついていく荷物運搬ロボット。ロボットと自動運転技術の進展により、新たな時代のAGVとして各社から出始めています。 そんな追従型の運搬ロボットの姿は、忠犬のように従順に付き従っているようにも見えるし、複...

user name

MONOist

2016/11/1
IT media

 オムロンは2016年10月3日、人と機械が協調したモノづくり現場の実現に向け、米国子会社オムロンアデプトテクノロジーズ(以下、OAT)が開発した「屋内用モバイルロボットLDプラットフォーム」2シリーズ4形式を2017年...

 IDECは2016年4月26日、1台で検出距離5m/検出角度270度のエリアをカバーする、セーフティーレーザースキャナー「SE2L形」を発売した。  SE2L形は、2段階の防護領域を設定できるデュアルプロテクション機能...

 電力インフラや溶接機・ロボットなどのモノづくり関連製品を製造するダイヘンでは、2014年12月に無人搬送機AGV(Automated Guided Vehicle)向けで、業界初となる自動整合回路搭載の磁界共鳴回路方式...

 ワイヤレス給電機器メーカーのビー・アンド・プラスは、「スマートエネルギーWeek2016」(2016年3月2〜4日、東京ビッグサイト)で、独自のワイヤレス給電技術を応用した事例として、AGV(無人搬送車)のワイヤレス充...

ドローンを使った配送など、テクノロジーで物流業界に革命を起こし続ける米・Amazon。配送センター内作業にもロボットを活用し、なんと13の配送センターに3万台の倉庫ロボットを配備し、1センターあたり2200万ドル(約24...

株式会社Doogは、工場や倉庫向けの新機能「狭い通路でも自動追従」「ラインに沿って無人で自動走行」を付与した追従運搬ロボット『サウザー』を発表した。 『サウザー』は重い荷物を載せて人や台車の後ろを自動的に追従する追従運搬...