『溶接』の記事一覧 : 23件

2018年4月25日~28日東京ビッグサイトで開催中の「2018国際ウエルディングショー(JAPAN INTERNATIONAL WELDING SHOW 2018)」取材レポートを公開しました! 注目度の高い数十社のブ...

■ミッション内容 SUS母材にφ0.2のワイヤーをガイドからはみ出さない様にくっつける。 付け方は、何でもOK。ただし、母材以外の物質の混入はNG。   え! 材料溶かすしかないじゃん! という訳で、一発目(ダ...

2016年度の「現代の名工」160人が発表されました。今回は「金属溶接・溶断・めっき工、その他の金属加工等部門」の名工の受章者をご紹介します。 現代の名工は、卓越した技能を持ち、その道で第一人者と目されている技能者を表彰...

user name

MONOist

2016/11/1
IT media

 パナソニックは2016年9月28日、社内カンパニーのAVCネットワークス社(AVC社)を母体とした組織再編を行い、2017年4月1日付で「コネクティッドソリューションズ社」を設立すると発表した。グループ全体のB2Bソリ...

 安川電機は2016年9月5日、AI機能に対応したロボット用アーク溶接電源「MOTOWELD-X350」と交流ユニット「XACU」を発売した。自動車用シート、排気系部品、足回り部品の溶接など、自動車の軽量化に伴う薄板溶接...

 ダイヘンは2016年8月29日、アーク溶接用ケーブル内蔵ロボット「FD-B6」を発売した。  溶接の高品質化や高速化が追求される中、高度な溶接法ではケーブル艤装が複雑化し、ロボットに装着したケーブルやホース類が干渉した...

 ダイヘンは2016年8月26日、高性能溶接機「ダイナオートXW-500」を発売した。高速電力線通信「D.connect」採用で制御ケーブルを削減するため、造船や橋梁など大形構造物の溶接現場に適している。  大型構造物の...

 ホンダが2017年2月27日に発売するスーパースポーツカー「NSX」の新モデルには、自動車や車体骨格向けとして初採用となる2つの成形技術が使われている。初代NSXの設計思想を踏襲し、オーバーハングの短縮やドライバーの操...

 大成建設は2016年8月25日、小型のロボットを使った柱鉄骨の現場溶接自動化工法「T-iROBO Welding」を開発したと発表した。建設作業現場での溶接作業の効率化や省人化が可能になるという。  これまでの小型溶接...

2016年秋に発売予定の富士重工業「インプレッサ」の新モデル (クリックして拡大)  富士重工業は2016年7月26日、東京都内で会見を開き、同年10月以降に発売予定の新型「インプレッサ」の国内仕様車を公開した。新プラッ...

 シナノケンシは2016年6月23日、波形同期型ハイスピードカメラ「PLEXLOGGER(プレクスロガー)」の最新モデル「PL3」に、ハイスピードカメラとサーモグラフィとの切り替えが可能なマルチカメラ機能を搭載したと発表...

 オムロンは2016年7月1日、自動車の生産ラインで使われる切削油に対して、耐久性を高めた「耐環境シリーズ耐油コンポーネント」200機種を発売した。センサーやスイッチなど、自動車の加工工程で用いられる主要なFA機器を網羅...

1 / 212