アンバサダーの記事一覧

こんにちは。テクノアの吉本です。 2018年7月11日に大阪市北区にて、生産管理システムの導入効果を紹介するセミナーが開催されました。 今回は、中辻金型工業株式会社様の生産管理システム活用事例について、統括部長 戸屋加代...

こんにちは。テクノアの間野です。 弊社では、生産管理パッケージシステム「TECHSシリーズ(以降、TECHS)」の導入を通じて、中小製造業様のコスト削減・業務改善活動を支援しております。 今回は、TECHS稼働後2年が経...

国や顧客は厳しい目で対応するべき! 増加する悪徳SI 現在、産業用ロボットの受注額が増加しているというニュースを目にします。しかし、企業のロボットが増えれば、生産効率が上がるかというと、日本の現状はそうではありません。 ...

こんにちは。テクノアの間野です。 2018年4月11日から13日までの3日間、ポートメッセなごやにて、設計・製造ソリューション展が開催されました。弊社テクノアでもIoTコーナーをブース内に用意し、機械連携をはじめ、「カイ...

丸文はレーザによる肉盛や焼入れを行う産業用ロボットシステムを提供しており、そのロボットシステムを導入されたモノづくりのお客さまから高い評価を頂いております。その丸文に、システムを導入する利点などをインタビューしました。 ...

<第1回の要約> 日本の製造業の力を復活させるにはどうすればよいか? そのためには、「すべての可能性は人間の中にある」という前提のもと、才能を最大限に引き出す方法をヒューマンスキルとして理解し、意図的に使えるようになるこ...

数年前までは、我が国のものづくりの技術は、世界の中でも際立って優れていた。しかし、「ものづくり大国日本」の牙城が崩されつつある。我が国製造業の大黒柱、自動車産業もEV市場拡大にともない、産業構造の激震が起きている。 AI...

マツモト機械は、アーク溶接装置やレーザ溶接装置、切断装置の自動機械、それに周辺機器の技術開発・設計から製作までトータルにプロデュースする会社です。 この会社に産業用ロボットのシステムをお客様が導入されるメリットなど聞きま...

レーザックス(愛知県知立市新林町小深田7、近藤恭司代表取締役社長)は、「レーザ機器やその周辺機器の製造」「レーザでの加工(試作)」を行っています。レーザ周辺機器のほとんどが海外メーカーで、日本の企業からするとサポート物足...

現在、経済産業省などから様々な「ものづくり補助金」などの補助金がだされております。仕事柄、それらの補助金を利用して産業用ロボットを導入された色々な企業と携わってきました。   補助金は大事な血税 当たり前の話ですが、補助...

■ドクターブレードのシェア日本一のドクター製作所  ドクター製作所は、製紙・製鉄機械になくてはならない「ドクターブレード」という、ロール表面の汚れや異物を取り除く装置を製作している会社です。この会社がなぜ産業用ロボットを...

1.システムインテグレーターとは 「産業用ロボット」と「周辺機器」さえ購入すれば、ロボットが作業をおこなってくれるわけではありません。例えば、ロボットに溶接をさせたい場合、「産業用ロボット」と「溶接機」を電気的・機械的に...

1 / 212