ものづくりニュース by aperza

赤字で苦戦する現場で是非とも実践したい2つのコト

赤字で苦戦する現場で是非とも実践したい2つのコト

人財のやる気を引き出すため、「給料」以外のコトにも注目していますか?

 

ウチの工場は、まぁ多くはないが、平均レベルの給料は出しているけど。

現場のやる気を出したり、優秀な人財を採用したりするためには、給料をもっと高くしないとダメかなぁ……。

「お金」以外にやる気を引き出すコトには何があるだろうか?

 

現場の「心に響くコト」に焦点を当てます。

現場では、心に響くコトに触れることで共感が生まれ、一体感が醸成され、行動が変わります。

1.高収益企業が収益向上に向けた課題と考えていること

収益向上に向けた課題は?

このように問われ時、自社工場での答えはどうですか。

中小企業製造業で高収益企業と低収益企業の間で考え方の違いがありました。

 

高収益企業も低収益企業も「新規顧客・販売先の開拓」については同じように重視しています。

ただし、考え方に明らかな差が見られる項目もありました。

 

高収益企業では「優秀な人材の確保、人材育成」「技術開発の拡大」

低収益企業では「既存顧客・販売先の見直し」

を重視している。

 

これら3つの項目では、高収益企業と低収益企業の間で考え方に違いがありました。

高収益企業と低収益企業の間で売上高経常利益率に大きな格差が見られることを踏まえると、赤字で苦しんでいる工場の原因は、以下に集約できます。

課題の視点が現在志向に留まっていること。

 

原因は一つではないでしょうが、こうした傾向にあると推測できます。

また、高収益と低収益の差は労働生産性の違いにも表れています。

下記のグラフは中小企業の製造業で高収益企業と低収益企業の労働生産性がどう推移したか表しています。

 

1983年を100として、1980年代、1990年代、2000年代、2010年以降の年代別平均の推移です。(出典:財務省「法人企業統計調査年報」2015年版中小企業白書)

小規模企業
スクリーンショット 2017-01-11 14.24.42

中規模企業
スクリーンショット 2017-01-11 14.24.51

 

国内製造業全体の労働生産性は1990年以降、全体平均ではほぼ横ばいでしたが、(工場運営で全体最適の指標は重要である

実は、高収益企業と低収益企業との間には格差が見られます。

高収益企業の方が、明らかに労働生産性が伸びています。

 

中小製造業で高収益企業と低収益企業で利益率での格差が生じている背景に労働生産性の違いがあります。

さらに「今後の賃金に関する考え方」を調査した結果が下表です。(出典:2014年9月帝国データバンク調査 2015年版中小企業白書)

スクリーンショット 2017-01-11 14.26.08

 

「優秀な人材確保のため、積極的に賃金を高めていきたい」で、意識の差が見られます。

成長志向の強い高収益企業では、優秀な人材の確保のために、賃金を積極的に高めていく意向をもっていることがわかった、と白書では結論づけています。

賃金を積極的に高める意向→優秀な人材の確保→労働生産性向上

 

高収益企業はこの流れに乗っているわけです。

付加価値を拡大させることで、未来投資の原資が手に入ります。

それを活かして優秀な人財を確保することが可能です。

 

人財はそれ自体が成長する重要な経営資源です。

存続と成長のために人財を戦略的に確保することは欠かせません。

一方、赤字で苦しんでいる工場からは、

 

「ウチも儲かっていればそうしている。収益が出ていなければ、まず目先のことからやらねば!!」

という声が上がります。

鶏と卵の話になってしまいます。

 

収益が出ていて未来への投資の原資を手にするから、人財確保ができるのか、人財確保できているから、収益が出て未来への原資を手にできるのか……。

どちらなのでしょうか。

2.赤字で苦戦する現場では心に響くコトに注目する

たしかに高い賃金と優秀な人財の確保には関連があります。

タダそれだけではありません。

そうでなければ、世の中、新たな企業の生まれる余地がなくなります。

 

創業者の熱い想いで立ち上がった新興企業の給料って高いの?

だから人財が集まるの?

そのようなことはありません。

 

創業者の“熱い想い”に共感して多くの人財が集まるケースもあります。

若手人財が求める「仕事の目的」や「仕事のやりがい」に注目です。(キャッシュを生み出す工場運営の主役は「人」)(存続と成長を実現できる工場とできない工場の違い

「お金」だけではないことに気付きます。

ここで改めて考えたいのはやる気を引き出すことです。

 

お金でやる気を引き出すことは可能です。

当然、やる気を引き出す要因のひとつであることには間違いはありません。

ただし、一般的にその効果は長続きしないといわれています。

 

ですから、「心に響くコト」に焦点を当てます。

動機づけ理論の考え方をドンドン活かします。

キーワードは「心遣い」と「ほめること」です。

 

決して現場を甘やかす、ということではありません。

正確に表現するならば、以下です。

「仕事の成果は厳しく求めつつ、現場への心遣いとほめることを実践する」

3.私もやる気を引き出してもらっていたコトに気が付いた

大学を卒業後、工場勤務になり、そこで新プロセスを開発する機会がありました。

どこのメーカーでもそうですが、一連の開発プロジェクトの中で、新技術を量産へ導入する段階が大きなヤマのひとつです。

開発段階、試作段階ではまずますの結果だったにも関わらず、量産段階で予期せぬ問題が多発、ということが多々あります。

 

この時もそうでした。

量産が目の前にもかかわらず安定した生産が維持できない……。

何が原因で、何をどうすればイイのだろう……?

 

同僚や後輩、現場と連日連夜、議論・検討・検証の繰り返しです。

平日休日、昼夜問わず踏ん張ってやっていました。

その時の上司の対応を今でも思い出します。

 

その上司は、必ず一日一回は、状況を確認しに現場へ足を運んでいました。

 

「お疲れさん。なかなか上手くいかないねぇ。アノ考え方はイイ着眼点だと思って期待していたんだけどなぁ。

本格的な量産が目の前だから、なんとかしなければならないから無理がかかるけど、頑張ってくれ。

で、今日は、何をどうする?」

 

20代後半から30代にかけてのまだ若い頃でした。

その頃は上司と一緒に成功を喜びたい、喜んでもらいたい、という気持ちでやっていたことを思い出します。

まぁ、若かったし、まだまだ素直な頃(?)で、上司の言葉に上手く乗せられていたともいえるのかもしれませんが。

 

今振り返れば、その時の上司は、現場で汗をかいていた部下たちへ「間違いなく」心配りをしていた、ということに気が付きます。

そうでなければ、毎日、現場と進捗について当を得たやりとりができない。

表現が悪いかもしれませんが、ある意味「意図的に」そうしていたのかも。

 

なかなか結果がでない仕事で、部下のやる気をいかに維持するか……。

まぁ、それが組織における管理者の仕事だといえば、まさにそのとおり。

意図的であろうが、なんであろうが結果として部下を動かしたのだから、その時の上司はエラカッタ。

4.「心遣い」と「ほめること」で心を動かす

その時の上司もかつてそのような状況に直面し、そうした経験があったのかもしれません。

こうした経験は、指導・支援する仕事をやっている現在、とても役に立ちます。

心に響く言葉を何度も耳にするうちに、若手人財の心の中に会社への信頼が生まれます。

 

一生をかけて働こうとして選んだ会社に間違いはないと確信もします。

こうなれば、やる気を出しじっくり腰を据えてヨイ仕事をしてもらう体制が準備完了。

逆に言うなら、会社辞めて何か違うコトでもヤロウカナと考える輩にヨイ仕事は絶対にできない、ということです。

 

「心遣い」と「ほめること」を実践することで、やる気を引き出します。

「心遣い」と「ほめること」で心を動かします。

心が動けば、共感が生まれ、一体感が醸成されて行動が変わります。

 

経営者が想い描いている工場の将来像と共に「心遣い」と「ほめること」を実践する。

赤字で苦戦している現場が、負のスパイラルから抜け出す確実な一歩目になります。

加えて、「心遣い」と「ほめること」は……プライスレスです。

まとめ

「お金」以外にやる気を引き出すコトとは何があるだろうか?

 

現場の「心に響くコト」に焦点を当てる。

現場では、心に響くコトに触れることで共感が生まれ一体感が醸成され行動が変わる。

赤字で苦戦している現場では、負のスパイラルから抜け出すために管理者や経営者が「心遣い」と「ほめること」を実践する。

 

出典:株式会社 工場経営研究所 伊藤哉技術士事務所


製造業専門の工場経営コンサルタント。金属工学の専門家で製造/生産技術、生産管理、IEにも詳しい。エンジニアの視点で課題を設定して結果を出し、工場で儲ける仕組みを定着させることを得意とする。コア技術の見極めに重点を置いている。 大手特殊鋼メーカーで20年近く、一貫して工場勤務。その間、エンジニア、管理者としての腕を磨く。売上高数十億円規模の新規事業の柱となる新技術、新製品開発を主導し成功させる。技術開発の集大成として多数の特許を取得した。 その後、家族の事情で転職し、6年間にわたり複数の中小ものづくり現場の管理者を実地で経験した。 大手企業と中小現場の違いを肌で理解しているのが強み、人財育成の重要性も強調する技術系コンサルタントである。 技術立国日本と地域のために、前向きで活力ある中小製造企業を増やしたいとの一念で、中小製造業専門の指導機関・株式会社工場経営研究所を設立。現在、同社代表取締役社長。1964年生まれ、名古屋大学大学院工学研究科前期課程修了。技術士(金属部門)