ものづくりニュース by aperza

変化の時代にすること【号外2】

変化の時代にすること【号外2】

※2017年2月24日に書かれた記事です。

 

昨日(2月23日)は京都で仕事だったので京都のホテルで日経新聞を読みながら朝ごはんを食べていました。

いつもの順番でまず最終ページの『私の履歴書』から読み始めて、その後はすべてさかのぼる形でパラパラとページをめくっておりました。

カラー刷りの素敵な全面広告が多く景気がいいのかな……などとのんびり読んでいましたが、最後にたどり着いた一面記事を読んでガツンと衝撃を受けました。

 

「ついに日本が動き出した!!」

一面記事は「ヤマト、宅配総量規制へ」労働組合が提案し、会社が受け入れるようです。

これまでみんなが感じていて、それでも歯を食いしばって無理して頑張っていた人手不足にとうとう一つの大きな判断と方向が出ました。

 

ただそれだけではありません。

その対策がもうその新聞のその後のページにすべて用意されていたのです。

生産性向上の方向が明確です。

 

p8 広告(全面)かわいい鉄腕アトムの写真を中心に『アトムプロジェクト』

p10 広告(全面)これまたかわいいロボットの写真付きの『Hitachi Robotics』

p11 記事(半面)『教育充実 ITが担う』

 

p12 広告(全面)「デジタルの『目』社会を見守る」コニカミノルタのセンサー技術

p14 広告(全面)ハウステンボス「変なホテル」世界初のロボット従業員ホテル

p18 広告(全面)女性活躍推進シンポジウム 厚生労働省

 

p38 広告(全面)ZINRAI 富士通AI(人工知能)

p39 記事(1/4面)IoT・ロボ中小をカイゼン

 

日本の製造業はドイツやアメリカと違う歩みをしています。

ドイツ・アメリカは国をあげての戦略先行国家です。

だから“Industry 4” や “Industrial Internett” のような大構想が生まれます。

 

一方日本は戦術先行国家です。

私たちが現場でみんなで実行する現場改善が先行し、それらの結果を結集させて戦略が生まれます。

日本は何でも遅いと言われますが、遅いのではなく順番が違うのです。

 

良かったり悪かったりだと思います。

でもとうとう日本のすべての業界の動きが一致して方向が見えてきました。

これからのスピードは速いです。

 

みんなで頑張って今のモノづくりを素晴らしい方向に発展させましょう!

そして幸せな人を増やしましょう!

 

※2017年2月24日に書かれた記事です。


◎現場改善No.1コンサルタント。大手自動車メーカーにて、一貫して生産効率改善(IE)を担当し、その改善手腕を見込まれて、社命にてスタンフォード大学大学院に留学。帰国後、若くしてIE責任者として、全国の主力工場を指導、抜群の成績をあげる。 ◎現在、 柿内幸夫技術士事務所の所長 として、自動車、家電、食品、IT関連メーカーなどを指導。「現場で、全社員が一緒に改善する実勢指導」という独自のノウハウで、社長・工場長はもとより、現場の人たちから絶大な信頼をよせられる。中小企業のドロ臭さと、最新鋭の工場ラインの双方を熟知した手腕に、国内だけでなく欧米、中国、アジアの工場の指導に東奔西走する毎日である。 ◎1951年東京生まれ。東京工業大学工学部経営工学科卒業、スタンフォード大学修士課程修了、慶応大学にて工学博士号取得。 ◎著書「最強のモノづくり」(御沓佳美 共著)「“KZ法”工場改善」「儲かるメーカー 改善の急所〈101項〉」、「5Sでつくる高収益工場ビデオ」「図解でわかる生産の実務 現場改善」「現場改善入門」「現場の問題解決マニュアル」他多数。平成16年日本経営工学会経営システム賞受賞。工学博士、技術士(経営工学)。