ものづくりニュース by aperza

動作時の消費電流を89μA/MHzまで低減したMCU ([EDN Ja...

2016/10/31 IT media

動作時の消費電流を89μA/MHzまで低減したMCU ([EDN Japan])

 STマイクロエレクトロニクスは2016年1月、32ビットマイコン(MCU)「STM32F4」アクセスラインの中で最小となる「STM32F410」の量産を開始した。併せて、Arduino Uno/ST Morpho対応のコネクターを実装した開発ボード「NUCLEO-F410RB」も発表した。

 STM32F410は、ARM Cortex-M4Fコアを搭載し、125DMIPS、339EEMBC CoreMark(100MHz動作時)の性能を備えている。同社の低消費電力化に貢献するART AcceleratorやSTM32 Dynamic Efficiencyにより、動作時の消費電流は89μA/MHzまで低減したという。STOPモードの電流は6μAで、ウェアラブル機器、IoT機器、センサーハブ、ビルオートメーション、ヘルスケア機器、スマートフォンなどに適用できるとした。

最大6個のタイマーを搭載

32ビットマイコン「STM32F410」

 STM32F410は、64K〜128Kバイト(KB)のFlashメモリと32KBのSRAMを内蔵。モーター制御用タイマーと32ビット/100MHzタイマーを含む最大6個のタイマーなど、さまざまなペリフェラルを搭載。SPI/I2C/I2S/ISO 7816に対応したUSARTインタフェースを含む通信ポート、12ビット D-Aコンバータなどの機能も追加している。

 また、CPUとFlashメモリがオフの状態で、センサーのデータを直接SRAMに取り込めるBatch Acquisition Modeを採用している。同モードにより、MCUのパワーマネジメントモードをより効率的に使用できるという。フラッシュメモリを最適な省電力状態までパワーダウンできる新しいRUNモードも採用した。

 STM32F410は、UFQFPN48/LQFP64パッケージの他、STM32F4シリーズで最も小型となる2.55×2.58mmのWLCSPパッケージで提供される。参考サンプル価格は1.4米ドルから。開発ボードのNUCLEO-F410RBは、14米ドルとなっている。


エレクトロニクス技術を活用した設計・開発手法および製品動向を解説する技術情報メディアです。エンジニアの経験がある編集スタッフに加えて、設計・開発の第一線で活躍中のメーカーのエンジニアが、最新のエレクトロニクス技術・製品を活用するための手法などを詳しく解説します。さらに新製品に関するニュースのほか、アナログ設計やノイズ対策といったエンジニアの関心が高いテーマを題材にしたコラムも随時掲載しています。エレクトロニクス関連製品の設計・開発にたずさわるエンジニアにとっては、日々の業務に不可欠な情報源です。 http://ednjapan.com/