シーメンス アイデンがショールーム IoT活用例を紹介

シーメンス アイデンがショールーム IoT活用例を紹介

シーメンスは、同社のオープンなクラウドベースのIoTオペレーティングシステム「MindSphere(マインドスフィア)」とFA製品「SIMATIC(シマティック)コントローラ」の工場における実稼働を体験できるショールームを、制御盤製造のアイデン(石川県金沢市)が開設したと発表した。

アイデンは工場の見える化とコントロールを実現し、生産性向上とエネルギー利用効率化を図ることを目的に、自社工場にMindSphereとSIMATICコントローラを導入し、現場情報のエッジ処理からクラウド分析までを構築。工場内のアクセス権限、電力制御・収集、データロギング等ですでに成果をあげつつあり、さらに制御盤組立ロボットや加工機、作業員の稼働状態監視、工場の状態監視と制御の取り組みを推進している。

同ショールームでは、シーメンスのデジタライゼーションの実装、IoTソリューション活用のモデルケースとして自社の事例を紹介するとともに、グローバルな事例やソリューションの情報を提供。IoTを活用したソリューションの商談の場としていく。

IoTへの関心が高まるなか、シーメンスはとくに中堅中小企業を中心とした国内製造企業のデジタライゼーションとIoT活用推進を支援し競争力強化に貢献するため、同ショールームの構築に企画段階から参画。今回の開設を機に、北陸地方を中心とした中堅中小企業への自社製品の拡販においてアイデンと協業していく。

 

出典:シーメンス アイデン、シーメンス製品を活用したIoTショールームを開設


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ