ものづくりニュース by aperza

アドバンテックの次世代IoT戦略とは?

アドバンテックの次世代IoT戦略とは?

アドバンテックは、5月11日(木)に東京コンファレンスセンター有明で、「アドバンテック テクノロジーリーダーシップ プレスカンファレンス ~アドバンテックが狙う次世代のIoT戦略~」を開催した。

台湾から来日したケーシー・リウ(K.C. Liu)CEO、日本法人のマイク小池社長兼日本地区最高責任者などにより、同社の次世代のIoT戦略や、組込みLinux & Androidアライアンス「Embedded Linux&Android Alliance(ELAA)」の日本向け設立発表会などが行われた。

sub2

ケーシー・リウCEOはカンファレンスで

「マッキンゼーによると、 スマートファクトリーやインダストリー4.0の分野は2兆米ドルの規模があり、次いでスマートシティ/ヘルスケア、インテリジェントリテール、ロジスティクス、電力の順で大きなIoT市場を展開しています。今後これらの分野を中心に世界はますますインテリジェントになっていくでしょう。アドバンテックにとってもこれらは注力分野であり、このフィールドでお客様をエンパワーしていきたいと考えています。

また我々は、IoTのセンサーはワイヤレスになっていき、これからの数年間のワイヤレス技術は益々進化するだろうと予測しています。そのためアドバンテックもワイヤレス技術へ更に注力しています。

スティーブ・ケースによる『サード・ウェーブ』という著書によりますと、我々は今、IoTという第3の波を経験しています。1つ目の波はインターネットとパソコンの繁栄、2つ目の波はGoogleやFacebookなどの巨大IT企業の台頭でした。第3の波は2016年から始まっており、あらゆるモノがインターネット化され、工場、物流、病院、リテール、交通などの様々な伝統的なサービスがIoTを使うようになっていくと考えられます。IoTは世の中のルールを変えていきます。アドバンテックはこのような世の中でテクノロジーリーダーとして邁進していきたいと考えています」

と講演し、マイク小池社長兼日本地区最高責任者は

「アドバンテックは、インダストリー4.0、スマートシティ、IoTの3つのフィールドを軸にしています。特にインダストリー4.0は労働人口が減少する日本にこそ重要でしょう。少子高齢化に伴い労働人口の減少が深刻化している中、土木や建築などの高度な技能をインダストリー4.0の最新テクノロジーを使って若者に継承する必要があるでしょう」

と話し、さらにIoTの新製品についても触れ、

「EISシリーズは、エッジコンピュータにWISE-PaaSソフトウェアパッケージ、IoT開発ツール、事前設定されたクラウドサービスを統合したソリューション製品としてリリースいたしました。本シリーズは、リモートI/Oモジュール、センサ、Microsoft Azureを1か月無料トライアルできるスターターキットも用意しています。オンラインストアで購入が可能で、すぐにIoTを始めていただけます。本製品の展開で、日本のIoT化をさらに促進できると考えています」

とした。

その後、 組込みLinux&Androidアライアンス(ELAA)の日本向け設立発表会が行われた。

ELAAについてケーシー・リウCEOは

「これまで、 組込みLinux/AndroidベースのARM環境はオープンな統一プラットフォームアーキテクチャで標準化やモジュール化があまり整備されていない課題もありエコシステムが弱く再利用や水平展開しづらい問題がありました。 それらを解決するのが今回のアライアンスです。 ELAAの設立は、 業界に大きなインパクトを与えるでしょう」

と述べた。

参考:アドバンテック


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ