THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、予兆検知サービス開始へ。トライ...

THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、予兆検知サービス開始へ。トライアル企業50社募集

THKとNTTドコモ、シスコシステムズは、簡単で安全、グローバルで運用できる予兆検知アプリケーション「OMNI edge(オムニエッジ)」を開発し、2019年春に製造業のユーザー企業を対象に商用化を進める。それに先立ち、試験導入する無償トライアル企業50社を募集している。

SONY DSC

同アプリケーションは、LMガイドやボールねじなど同社の製品にセンサを取り付けてデータを収集できる「THK SENSING SYSTEM」に、ネットワークとデータ蓄積・解析基盤をセットにしたシステム。機器から得たデータを、NTTドコモのモバイル回線を通じてデータセンターに送り、そこでデータ分析をして機器の予兆検知を可能にする。

企業がIoTシステムを構築する際、センサとネットワーク、データ蓄積、分析のためのハードウエアとソフトウエア、それらの設定と管理が必要で、ITに通じた技術者が必要となる。さらに、どの工程や作業、機器からどのデータをどのように集めるか、機器とデータの相関関係をどう見るかといった作業や工程、現場も必要となる。

同アプリケーションは、THKの機器と現場のノウハウ、NTTドコモとシスコシステムズの通信とネットワーク、システム構築の仕組みを一体で開発し、ITに詳しくない現場でも簡単に導入できるものとなっている。

サービス対象は、工場に生産技術部門や製造部門などを持つ中堅・中小のユーザー企業が中心。工作機械や産業機械メーカーとも検討を進めている。LMガイドでスタートし、ボールねじなど他の製品へも広げていく予定。

出典:「THK、ドコモ、シスコで製造業向け新IoTサービス『OMNI edge』の商用化検討開始」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ