『改善』の記事一覧 : 450件

 世界に先駆けて「水素グリッドプロジェクト」を推進中の関西国際空港に、新タイプの燃料電池フォークリフト2台を3月に配備する(図1)。豊田自動織機が開発した実用化モデルの試作車両で、最大の特徴はトヨタ自動車の「MIRAI」...

 家庭用の燃料電池「エネファーム」はガスから水素を生成して電力と温水を供給する日本独自のエネルギー供給システムである。エネルギー効率が90%前後に達して、発電時にCO2(二酸化炭素)を発生しないことから、未来に向けたクリ...

 今回の日産の電気自動車の導入は、フェデックスが掲げる「フェデックス・アーススマート計画(FedEx EarthSmart)」の目標達成に向けた取り組みの1つとなる(図1)。同社は配送車両について、2020年までに200...

 インターシルは2016年2月18日、USB 3.1/Type-C規格に対応する昇降圧バッテリーチャージャーIC「ISL9237」を発表した。昇圧用と降圧用にこれまで2個のICを必要としていた。新製品は1個のICで済むた...

 ラーメン店「幸楽苑」を展開する幸楽苑は電力コストの削減に取り組む。幸楽苑は2015年5月に、それまで強みとしていた「290円ラーメン」を中止し、収益性を重視した取り組みを強化する方向性へと移行。「価格」より「価値」を重...

白から黒基調に  キーサイト・テクノロジーは2016年2月15日、スペクトラムアナライザー(以下、スペアナ)の主力製品シリーズ「Xシリーズ シグナル・アナライザー」(5シリーズ)を一新し、日本国内での販売を開始した。  ...

 マツダは2016年2月12日、同社のフラッグシップSUV「CX-9」の新モデルの生産を、本社宇品第1(U1)工場(広島市南区)で同年2月11日から開始したと発表した。本社工場(広島県府中町)では、新型CX-9に搭載する...

早く、安く、大量に製造  次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合(JAPERA)は、印刷技術を用いたTFTアレイシートと、それを用いた圧力センサーのデモ展示を行った。印刷技術を用いることのメリットは、早く、安く、...

 2月8日に「電気事業低炭素社会協議会」(略称:ELCS、The Electric Power Council for a Low Carbon Society)が発足した(図1)。国内の発電電力量の大半を占める電力会社...

 メルセデス・ベンツ日本は2016年2月9日、新型SUV「GLC」を発売した。SUV「GLK」の後継モデルとして全面刷新し、「Cクラス」と同等の安全技術や快適装備を搭載したため車種名をGLCに変更した。フルタイム四輪駆動...

 ルネサス エレクトロニクスは2016年2月9日、2016年3月期(2015年度)通期業績見通しを発表した。不採算/非注力事業からの撤退の影響を主に受け、売上高は前年比10.7%減の6725億円にとどまる見通しとなった。...

 経済産業省と電力会社が連携して原子力発電所を再稼働させるシナリオは単純にできている。電力の需給見通しを現実以上に厳しい数値で出して国民の不安をあおる一方、電気料金を値上げして家庭や企業のコストを増大させる。原子力発電所...

36 / 38<<...102030...3435363738