『富士通』の記事一覧 : 61件

user name

MONOist

2016/11/1
IT media

 富士通研究所と富士通研究開発中心は2016年3月10日、さまざまなIoT(モノのインターネット)デバイスの運用・管理を容易にする、ソフトウェアプラットフォームを開発したと発表した。  今回開発されたプラットフォームは、...

 富士通研究所は2016年3月17日、保守点検などにおいて、遠隔地から現場を見渡して作業支援ができる技術を開発したと発表した。同技術は、まず現場にいる作業者のカメラで撮影した画像から、景色が分かる3次元パノラマ合成画面を...

 富士通は2016年2月17日、実践的なビッグデータ分析・活用の教育サービスを開始した。同社のビッグデータ分析サービス「FUJITSU Intelligent Data Service データキュレーションサービス」(デ...

 富士通研究所は2016年2月16日、IoT(モノのインターネット)機器などから得られる、振動が激しく人による判別が困難な時系列データに対して、高精度な解析を可能とする新たなDeep Learning技術を発表した。  ...

 富士通は2016年2月4日、ビッグデータの分析サービス「FUJITSU Intelligent Data Service データキュレーションサービス」(データキュレーションサービス)に、新たな分析手法としてDeep ...

user name

MONOist

2016/10/31
IT media

 富士通は2016年1月19日、センサー関連製品を開発・製造するオプテックスが、各種センサー機器からのデータをIoT(モノのインターネット)活用する共通のクラウド基盤として、「FUJITSU Cloud Service ...

 富士通研究所とソシオネクストは2016年2月、サーバ間のデータ通信において、チャネルあたり56Gビット/秒(Gbps)の通信速度を実現する送受信回路を開発したと発表した。消費電力は従来と同じで、データ通信速度を2倍にす...

 プレゼンテーション資料や企画書を作成するときに、「あのとき使用した資料/写真を探したいけど見つからない」といった経験はないだろうか――。  富士通研究所は2016年2月2日、大量のデータの中から画像そのものを検索キーと...

東芝メディカル売却には複数の応札  東芝はこれまで2016年3月期通期業績予想として、売上高6兆2000億円、営業損失3400億円、最終損失5500億円としていた。しかし、「2016年3月期中に、悪い膿(うみ)を全て出し...

1982年の今日、富士通から日本語ワープロ「My OASYS(マイオアシス)」が発売されました。 同社の日本語ワープロ1号機である「OASYS100」に対し、“低価格”が売りだったのが「My OASYS」。初めて100万...

オートメーション新聞からIndustry4.0・IoTナビのVol.2が発行されました。 Vol.2は「2016年 動き出したインダストリー4.0 第4次産業革命の夜明け」をテーマに、 マイクロソフトやAmazon、富士...

富士通は、5月19日(木)と20日(金)の2日間、東京国際フォーラムで、「富士通フォーラム2016」を開催する。今年のテーマは「Human Centric Innovation – Driving Digit...

5 / 6<<...23456