『富士通』の記事一覧 : 61件

Nanteroからライセンス受けて三重富士通セミコンとともに  富士通セミコンダクターと三重富士通セミコンダクターは2016年8月31日、Nantero(ナンテロ)が持つカーボンナノチューブ(CNT)応用型不揮発メモリ「...

 局所的な豪雨の多発や都市化の進展などとともに、下水道氾濫の被害が甚大化する傾向となってきている。これにより、浸水対策として、下水道管路の増改築や迅速な水位情報の収集が求められている。2015年度に改正・施行された水防法...

 富士通は2016年7月20日、富士通システムズ・イーストと共に、TOTOのベトナム拠点TOTOベトナムの工場で生産する衛生陶器の生産効率を向上させるため、原材料の調合から検査まで、全工程の生産状況や品質情報を可視化する...

 富士通マーケティングは2016年7月13日、タブレットを利用して点検情報を管理する同社のクラウド型ソリューション「FUJITSU Enterprise Application AZCLOUD SaaS teraSpec...

 富士通は2016年7月6日、米オラクル・コーポレーション、日本オラクルと戦略的提携を行い、日本企業およびその海外拠点に対して、高性能なクラウドを提供すると発表した。  富士通は、同社の国内データセンターに「Oracle...

 富士通は2016年6月9日、同社の「ものづくり統合支援ソリューション」に、設計・生産現場でAI技術を活用するためのコンサルティングサービスを追加したと発表した。同年10月より提供を開始する。  同サービスでは、富士通ア...

ユーザーとの連携により社会実装を加速  新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2016年7月、IoT(モノのインターネット)を推進するための横断技術開発プロジェクトを立ち上げると発表した。2030年を見据えて、...

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は橋梁や河川などのインフラを維持管理するロボットの開発を強化するとともに、ロボットを安全・安心に利用するためのロボットの性能基準や試験方法の基準作りに新たに着手する。今回の...

 富士通は2016年6月17日、製品の組み立てプロセス検討を3次元モデルで支援するデジタル生産準備ツール「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VPS」(VPS:Virtual ...

 富士通研究所は2016年5月25日、無線通信を使うIoT(モノのインターネット)機器を現場に設置するために必要な期間を短縮できる、フィールドエンジニアリング技術を発表した。  IoT機器を導入する現場では、人やモノの移...

視線検知技術を活用し、安全かつ効果的に運転中の情報提供を行う (クリックして拡大)  富士通テンは、「富士通フォーラム2016 東京」(2016年5月19〜20日、東京国際フォーラム)において、視線検知やスピーカーを活用...

 富士通は2016年5月19日、IoT(モノのインターネット)データ活用基盤「FUJITSU Cloud Service IoT Platform」と「インテル IoTゲートウェイ」を連携させ、製造工程を見える化する実証...

3 / 612345... >>