『中国工場』の記事一覧 : 150件

少し前の記事で恐縮だが、『フジサンケイ・ビジネスアイ』に標題のような記事が載っていた。 内容は、春節明けに珠江デルタ(広東省)では、労働者100万人が不足するというものだ。以下に簡単に記事の内容を紹介する。 以前から春節...

今回は、プレス製品の工程能力に対する考え方を少しお話しします。 工程能力管理を要求するお客さんが最近は多いのですが、プレス品で図面上にある寸法すべてについて、工程能力1.33以上を満足させることは非常に難しいといえます。...

前の記事で、広東省の状況が以前と比べて一変してしまった今、中国に進出をするならどこ(地域、場所)を選ぶかについて書いた。沿岸部ではなく最初から内陸部を選択することも十分ありとした。 このような状況、東莞市に吹いている逆風...

今回は、香港系プレス加工メーカー(その2)です。 総経理と技術責任者が香港の人でした。金属加工で扱っている製品は、小物がほとんどです。扱っている材料は、非鉄金属です。 前回のレポートでこの会社の製品は小物で難しいものが多...

このタイトルを見て何のことだろうと思われた方も多いと思う。ここ数年で中国とくに広東省の状況は以前と比べ一変していることはみなさんご存知の通りだ。 以前なら何の問題もなかった人の募集も今では簡単には集められない。最低賃金の...

今回は、香港系プレス加工メーカーです。総経理と技術責任者が香港の人でした。金属加工で扱っている製品は、小物がほとんどです。扱っている材料は、非鉄金属です。 工場は標準工場で3階建ての建屋2棟を使用しています。加工機(プレ...

前回、シンセン工場を閉鎖して東莞工場に生産を移管した会社を紹介した。この会社のすごいのは、東莞工場はシンセン工場よりも狭いのにも関わらず逆に生産性を高めたことです。 会社の方針としてこの工場に移転させることが決まったわけ...

今回は、香港系梱包材メーカーです。梱包材といっても紙ではなく、発泡スチロールの方です。 今回は、この会社の業容拡大のために新工場を建設したので、その新工場のお披露目を兼ねて、不足点のアドバイスをするという役割でした。新工...

先に取り上げた会社は、工場統合の一つとしてシンセンから東莞の城区に工場を移転した。元々城区に建屋は持っていたので、それを活用するということのようだ。 生産をするにあたっては当然従業員(作業者)を募集しなければならない。人...

今回は、日系メーカーの中国工場(その2)です。前回の続きとして、各工程の管理状況をみてみます。   1. 成形工程 5〜6tonの成形プレスが、40台ほど整然と並んで作業していました。ここでの管理ポイントは、成...

東莞の城区にある日系企業の総経理のお話を伺う機会があった。その会社は中国への工場進出では先駆者的な存在の会社である。 中国内のいくつかの都市に工場を持っているが、特にシンセン、東莞地区をメインの工場としてこの地域にいくつ...

日系メーカーの中国工場の様子を紹介します。この会社は、初めての中国進出ではありません。中国の他の場所で既に工場を持っています。 建屋は大きな平屋のものが2つあり、敷地にはまだ余裕があります。 従業員は160名ほどですが、...

8 / 13<<...678910... >>