SEMI、半導体前工程ファブの設備投資が異例の4年連続成長と発表

SEMI、半導体前工程ファブの設備投資が異例の4年連続成長と発表

SEMIは、最新のWorld Fab Forecastレポートに基づき、半導体前工程ファブの装置投資額が2019年に5%増加し、異例の4年連続成長となることを発表した。18年および19年の成長は、中国が牽引することが予測されている。ファブ装置投資の3年連続成長は、90年代中期以降で初めてとなる。

SEMIの予測では、Samsungの18年・19年のファブ装置投資額は17年からは減額となるが、両年にわたり首位。中国の装置投資額は、外資系企業および中国系企業が進めるファブ計画により、18年は前年比57%増、19年には60%増と飛躍的に増加。

この投資額の急増により、中国は19年には韓国を抜いて、投資額が世界最大の地域になることが予測される。中国では17年に26棟の量産ファブ建設が着工しており、その装置導入が今年から来年にかけて行われる。

出典:SEMI「半導体前工程ファブの設備投資は異例の4年連続成長へ」


オートメーション新聞社の編集部が書き下ろす展示会のまとめ記事などのオリジナル記事を配信します。 オートメーション新聞Webはこちらから http://www.automation-news.jp/