PLC・産業用PC・プログラマブル表示器 19-21年中期市場予測、年...

PLC・産業用PC・プログラマブル表示器 19-21年中期市場予測、年3~4%で着実に拡大

自動化のキーコンポーネンツ

英国離脱による影響が心配されるEUや米中貿易摩擦など世界的に経済が不安定で、需要見通しが難しくなっているが、長期的に見れば自動化の波は底堅く、FA・制御機器にとっては追い風基調が続く。

そのキーコンポーネンツとなるPLCや産業用コンピュータ、プログラマブル表示器は、2021年までは内需・海外ともに堅調に推移すると予測されている。

日系PLC、21年に世界で2500億円突破へ

富士経済の中期予測によると、PLCの販売は21年までは国内が年2~3%、海外が3~4%の伸び率で拡大する見込み。

19年の日系メーカーのグローバル市場での販売金額は2393億円。これが20年には2469億円(前年比3.6%増)、21年には2540億円(3.3%増)になる。台数も19年の282万台から20年には292万台になり、21年には302万台まで拡大すると見ている。

国内向けについて、19年の販売金額は1280億円から1312億円(2.5%増)、1341億円(2.2%増)と推移。台数は19年の128万台から20年に111万台、21年に113万台と予想している。

海外販売について、19年の販売金額は1112億円で、20年に1156億円(4.0%増)、21年には1198億円(3.7%増)と予測。台数も19年の173万台から20年は181万台、21年には188万台と順調に拡大すると見込んでいる。

スクリーンショット 2019-02-22 17.10.20

 

産業用PC、国内市場を中心に順調に拡大

産業用コンピュータの中期予測について、需要の9割近くを国内市場が占め、年3~4%の成長率で緩やかに拡大傾向。

19年の日系メーカーのグローバル市場での販売金額は362億円、20年に376億円(4.0%増)、21年に390億円(3.7%増)。台数も19年の12万台から、20年に12万5500台(4.3%増)、21年に13万台(3.9%増)と緩やかに拡大。

国内市場向けは19年の340億円(11万台)から20年には354億円(11万5300台)、21年に367億円(11万9800台)になると見込んでいる。

 

プログラマブル表示器 海外伸びに期待へ

プログラマブル表示器の予測について、21年まで3%前後で市場は拡大する。19年の日系メーカーのグローバル市場での販売金額は743億円。これが20年には766億円(3.1%増)、21年には788億円(2.8%増)。台数も19年の128万台から20年に132万台、21年に137万台まで拡大すると見ている。

国内向けは、19年の販売金額は432億円から443億円(2.5%増)、453億円(2.2%増)と推移。台数は19年の57万台から20年に59万台、21年に60万台と予想している。

海外販売について、19年の販売金額は310億円で、20年に322億円(4.0%増)、21年には334億円(3.7%増)と予測。台数も70万台から73万台、76万台と順調に拡大すると見込んでいる。


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ