NIPPO 作業車緊急停止装置 安全登録第1号取得 道路整備の災害防止...

NIPPO 作業車緊急停止装置 安全登録第1号取得 道路整備の災害防止へ

NIPPOの道路整備作業用タイヤローラや道路材料工場のホイルローダが、セーフティグローバル推進機構(IGSAP)の「安全審査登録制度」の第1号として2月28日付で登録された。

IGSAP向殿政男会長(右)とNIPPO荒井明夫常務執行役員
▲IGSAP向殿政男会長(右)とNIPPO荒井明夫常務執行役員

 

タイヤローラ/ホイルローダは、人が混在したところで稼働することから、重篤な災害事故につながる危険性が高い。

同社では、「仲間から被害者・加害者を出さない」ための災害事故防止に向けて、工事従事者の安全対策「WSSシステム」の開発に着手。

2014年にタイヤローラ事故防止へ、RFIDを使った停止システムを導入した。タイヤローラに搭載した2個のRFIDと作業員のヘルメットに装着したタグを連携させ、後退時に人を検知し、危険な距離になるとエンジンキーが自動的に切れるようになっている。一方で、タイヤローラ側面作業者の誤検知を避けるために、2個のRFIDの磁界が交わったところのみ検知させる合成方式で作業効率も考慮している。現在約20台に搭載して稼働している。

NIPPO自動停止システムを搭載したタイヤローラ
▲NIPPO自動停止システムを搭載したタイヤロール

 

16年にはホイルローダに、人や障害物を検知するステレオカメラ採用の停止装置を搭載した。後退時にステレオカメラの設定範囲に人や車両などを検知すると、警報ブザーと同時にパワーシリンダーを使ってブレーキペダルを引っ張り、自動停止させるもの。すでに25の工場で稼働している。

人と作業現場の分離での安全確保から、人と混在しても安全性を担保できる環境が今後増えることが予想される中で、ITやICT技術を駆使しながら作業現場の安全を確保する取り組みとして注目される。

 

参考:NIPPO


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ