MOXA&トレンドマイクロ、サイバー攻撃から工場守る超小型のセキュリテ...

MOXA&トレンドマイクロ、サイバー攻撃から工場守る超小型のセキュリティボックス

産業用ネットワーク機器大手のMOXAと、セキュリティ大手のトレンドマイクロによる合弁会社TXOne Networksは、産業用セキュリティボックス「ICS Security Box」を開発し、IoT/M2M展で日本初の実機デモを披露した。

スクリーンショット 2019-04-25 10.55.03
▲名刺サイズの超小型

 

同製品は、名刺サイズの筐体に産業用セキュリティに必要なハードウエアとソフトウエアを組み込んだセキュリティボックス。ネットワーク上のPLCやHMI、モーションコントローラ、産業用コンピュータの前段に配置し、ミッションクリティカルなサイバー攻撃から工場を保護する。

ネットワーク状態の監視と異常の検知・防御はオペレーションダッシュボードやWEBコンソールで行え、ITに詳しくなくても管理が可能。またOSアップデート機能を搭載し、保守メンテナンスの手間を軽減。現場レベルで簡単に使えるようになっている。

アジア開発本部日本営業部長澤宣和IIoT事業開発マネージャは「これまでクローズド環境で使われてきた工場内機器は、IT側から見たらセキュリティがとても緩く、攻撃されやすい。既存のネットワークに後付けで設置できる小さなサイズは多くの需要が見込める。サイバーセキュリティなどOTの弱いところをカバーしたい」と話している。

 

参考:「Moxa、IoT/M2M展[春]に出展し、現在開発中の次世代産業用侵入防御システムを日本初公開」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ