ものづくりニュース by aperza

IoTの健康診断−市場はどのようにシェイプアップしているか

IoTの健康診断−市場はどのようにシェイプアップしているか

モノのインターネットでは、物事がすばやく移動します。

しかし、このような巨大で急成長を続ける市場部門や技術領域の場合は、依然として「見通しが立たない」部分が多くあります。

特に2020年までに、電子機器の接続数が200〜500億個に達すると繰り返される予測を前にするとそれがいえます。

 

この予測は、専門の業界ウォッチャやアナリストが嘲笑したり無視したりしていないことから、可能性があるように思えます。

IoT実装は、ワイヤレス接続、センシング、処理、制御、パワー・マネジメントを容易にするために、多様な最新技術を一体化します。

実際に中心となるは、半導体メーカ、ハードウェア開発者、ソフトウェア・アナリティクス会社、システム・インテグレータ、クラウド・サービス・プロバイダであり、それらをすべて実現する技術や機器を提供し続けます。

 

一部の市場ではすでにIoTに対する関心が高まっています。

例えば、ホーム・オートメーションでは、IPカメラがホーム・セキュリティ・システムに統合され、利用者が休暇や仕事で家を離れている間に自分の家を監視することができます。

スマート・サーモスタット、暖房、給湯制御、照明、さらにはドアベルでさえも、この重要な分野においてIoTノード数を増やすのに役立っています。

 

その他の市場分野は立ち上がりが遅れていますが、さらに多くのビルディング・ブロックが導入されると、成長が見込めることを疑う余地はありません。

これを示すものとして、無線規格の普及に関する論議は、複数プロトコルの共存が幅広く認識されている点にまで到達しているように思えます。

異種デバイスが相互に通信でき、クラウドがデータの共有と処理のハブに配置されて遠隔監視や制御を可能にするような形で、相互運用が可能となる必要があります。

 

多くの作業が行われている別の領域は、安全に対する懸念を和らげることです。

IoTが効果を発揮し、利用者から全幅の信頼を得るには、堅牢かつ安全な認証方式と暗号化方式が絶対に必要です。

また、データを保護し改ざんを防止するために、半導体、ソフトウェア、およびネットワークレベルにおいて、セキュリティが効果的に実施されていることが必要です。

 

ホーム・オートメーション、医療、ウェアラブル機器、産業オートメーション(IoTまたはIndustry 4.0)は、IoTがわずか数年という短期間で変貌を遂げるであろう大規模かつ多様な部門のごく一部にすぎません。

オン・セミコンダクターのような半導体メーカが注目されており、すべてが大方の予想どおり確実に起こるよう力を注いでいます。

 

出典:『IoTの健康診断–市場はどのようにシェイプアップしているか』オン・セミコンダクター


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。