ものづくりニュース by aperza

IDEC 産業用イーサネットスイッチ すぐれた環境特性 IP30保護構...

IDEC 産業用イーサネットスイッチ すぐれた環境特性 IP30保護構造準拠

IDECは、イーサネットスイッチ「SX5E形」を、8月30日から発売した。標準価格は1万5000円。

IDECイーサネットスイッチ

新製品は、堅牢なメタルハウジングで、IP30の保護構造に準拠。使用周囲温度はマイナス40℃~プラス75℃と広範囲で、耐振動2G、耐ノイズ0.5kV~1.2kVまで対応と、優れた耐環境性を実現している。

また、DC12/24/48VおよびAC24Vと、入力電圧範囲も幅広く、電源を2系統接続することで、片側の電源が故障しても、もう一方がバックアップするため、電源入力の冗長化が可能となっている。

さらに、ネットワークを誤ってループ状に構成することで、ブロードキャスト(一斉配信)の転送が無限に繰り返され、最終的にネットワークがダウンしてしまう「ブロードキャスト・ストーム保護機能」を搭載しており、誤配線にも対応している。

Fast Ethernet規格に準拠した10/100Mbpsの通信ポートを5個内蔵している。

同社では、高温や振動、ノイズといった通信機器にとって極めて過酷な環境であることが多い製造現場に対応できるスイッチングハブとして拡販に取り組む。

出典:IDEC「製造現場のタフな環境でも活躍!産業用イーサネットスイッチ(スイッチングハブ)『SX5E形』を発売」


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ