HMSインダストリアルネットワークス 安全にリモート接続 モバイル用ア...

HMSインダストリアルネットワークス 安全にリモート接続 モバイル用アプリ リリース

HMSインダストリアルネットワークス(横浜市港北区)は、iOSおよびAndroid端末向けアプリ「eWON eCatcher Mobile」を新たにリリースした。Apple App StoreあるいはGoogle Playから無料でダウンロードできる。

「eWON eCatcher」は、eWONゲートウェイを介した機器へのリモート接続を確立するために、ユーザーが活用できるソフトウエア。eWON CosyやFlexyゲートウェイを機械に接続すれば、クラウドサービスeWON Talk2Mを介して機械へのアクセスや制御が可能で、さらに、ユーザーは同ソフトウエアを用いることで、PCから容易かつセキュアな方法でTalk2Mにアクセスできる。

現在、多くのHMIやPLCメーカーが自社の機器に接続するアプリを提供しており、新製品は、こうしたアプリを補完する機能を担うように設計されたもので、Talk2Mクラウドを通して遠隔機器へのセキュアな通信トンネルを開き、どの機器メーカーのアプリでも起動・接続を可能にする。

例えば、シーメンスの「Sm@rtClient Lite」やシュナイダーエレクトリックの「Vijeo Design’Air」、同Pro-faceブランドの「Remote HMI」などに対応。また、VNCクライアントアプリとしても利用可能となっている。

 

参考:eWON AndroidおよびiOS用eCatcher Mobile App!


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ