DHL、出荷業務で協働ロボットを活用した革新的な実証実験

DHL、出荷業務で協働ロボットを活用した革新的な実証実験

DHLは、米テネシー州のライフサイエンス製品を取り扱う倉庫において、自律型協働ロボットを活用した2カ月間の実証実験を開始した。

今回の実験に採用されたのは、ローカス・ロボティクスの「ローカスボット(LocusBots)」。ローカスボットを用いてさまざまなピッキング方法を試し、作業員および倉庫管理システムとの連携、移動性能、そして汎用性を確認する。

この自律型ロボットのソリューションは、同社の既存倉庫のインフラとシームレスに統合される予定となっている。

さらに、同社ではコ・パッキング(組み合わせ梱包)や、組立、キッティング、包装・梱包、および販売準備サービスなど各種付加価値サービス業務において、「バクスター(Baxter)」および「ソーヤー(Sawyer)」という2種類の協働ロボットを用いた実証実験も進めている。

加えて、庫内において作業員に追従し、ピッキング作業を支援する全自動式台車「エフィボ(EffiBO)」の実証実験に成功している。

同社北米ソリューションデザイン担当エイドリアン・クマールバイスプレジデントは、「お客様のサプライチェーンをシームレスに改善する上で、こうした先進技術を用いたソリューションを発掘し、倉庫現場に導入することは重要だと考えている。今回は、まずライフサイエンス部門で実証実験を行うが、成功すれば他の事業にも幅広く展開できる可能性を秘めている」と述べている。

出典:DHLサプライチェーン、出荷業務において協働ロボットを活用した革新的な実証実験を開始


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ