3月8日は女性の日で縫製工場はお休みでした|ラオス縫製工場の日常

3月8日は女性の日で縫製工場はお休みでした|ラオス縫製工場の日常

2017年3月に書かれた記事です。

 

3月8日は女性の日で、工場はお休みでした。

3月8日の女性の日というのは日本では、馴染みが薄いですが、ラオスを含め、世界のいくつかの地域では大切な休日のようです。

※ラオスの年間の祝日については、こちらの記事をご覧ください。

 

この女性の日は、1904年にアメリカで女性が参政権を求めてデモを起こしたことがきっかけになったようで、その後、次のような経緯があるそうです。

こちらのニュースがよくまとめているので該当部分を日本語に訳します。

 

最初の公式としての女性の日は、1909年に、ニューヨークで一日開催のいくつかの大きなイベントを開催したアメリカの社会主義者の人々によって宣言されました。

主催者は、2月28日の日曜日を選んだため、働く女性も参加することができました。そして、うまくいきました。

そのイベントは、優先順位や戦略をめぐって過去に何度か衝突していた婦人参政権論者や社会主義者を含む、何千人もの人々を惹きつけました。

「女性の義務が、家庭や母性に集中するというのは真実です」

ブルックリンの群衆の中で作家で改革者であるシャーロット・パーキン・ギルマンは言いました。

そして、次のように続けたのです。

「しかし、家庭は、すべての国を意味します。市や州の3つや4つの部屋には制限されません」

 

2、3年の間に、労働や女性の権利に関係する大義のための「女性の日」のコンセプトは、ヨーロッパへと伝わっていきました。

統計の中には、100万人以上の人々が、1911年3月19日の集会に出席したとするものがあります。

1917年には、ロシアのフェミニストのアレキサンドラ・コロンタイが、皇帝ニコライ2世の退位とロシア革命を引き起こす大きなデモを導きました。

 

敬意を表して、レーニンは1922年に、女性の日を公式の祝日にしました。中国とスペインの共産主義者も、公式に、女性の日を祝うことを始めました。

1960年代半ばまで、国際女性の日は、共産主義者の祝日として残っていました。1975年には、国連が、公式に、国際女性の日を3月8日として認めました。

出典:
WHAT WOMEN REALLY THINK.

 

なんと、女性の日のデモは、ロシアの2月革命と関わっているんですね。

そして今年は、2017年のちょうど100年ですね!(しかし、社会主義の国でも、3月8日の政治的な意味合いはなくなり、女性に感謝する日となっているようです)

 
 
さて、話はラオスの休日に戻ります。上にリンクを張ったラオスの年間の祝日にも書きましたが、ラオスには建国記念日のように民間企業・役所を問わず祝日になる祝日と、一部の企業等が休みになる祝日があります。

この女性の日は、後者の一部の企業等が休みになる祝日です。なので、企業によっては、役所によっては、仕事をしているところもあります。

ここには2つの考え方があるようです。

 

一つは、女性の日だから女性だけを仕事を休みにして男性には働いてもらおうと考え方です。

もう一つは、女性だけが休みになっても、家では家事をしなければなりません。だから、男性もこの日は仕事を休んで、男性に家事もすべてやって、女性が休めるように、女性だけでなく、男性も休みにしようという考え方です。

 

どちらの考えにとってもラオスでは3月8日は、男性が女性が、特に尽くさなければならない日のようです。

また前日の3月7日には、職場によっては、男性陣が、日頃の女性への感謝の気持ちを示すためにパーティを催すところもあるようです。

ちなみにイタリアでは、3月8日は「ミモザの日」と呼ばれ、男性が、母親や妻、会社の同僚などのミモザを送るそうです。

日本男児は、普段から奥さんや母親に日頃の感謝をなかなか口に出して伝えられていない人も多いと思うので、是非、この女性の日が日本に広がるといいですね。

 

出典:海外ラオスにある小ロットを得意とする縫製工場


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。