ものづくりニュース by aperza

100ルクスの光だけで動くIoT向けセンサービーコンキット (庄司智昭...

100ルクスの光だけで動くIoT向けセンサービーコンキット (庄司智昭,[EE Times Japan])

工場や農場などの環境モニタリングへ

 Cypress Semiconductor(サイプレス セミコンダクタ)は2016年6月21日(米国時間)、IoTアプリケーション向けに電池レスセンサービーコンのレファレンスキット「CYALKIT-E02 Solar-Powered BLE Sensor Beacon Reference Design Kit」(以下、CYALKIT-E02)を発表した。

 CYALKIT-E02は、同社のエナジーハーベスト技術を用いたパワーマネジメントIC(PMIC)と、EZ-BLE PRoC Bluetooth Low Energy(BLE)モジュール、15mm角の太陽電池を統合。倉庫の通路のような環境でも得られる100ルクスで動作可能という。太陽光で駆動するBLEセンサービーコンやBLE-USBブリッジ、デバッグボードも内蔵した。

 温度センサーと湿度センサーも内蔵し、センサーから得られたデータをBLEで送信できる。太陽光発電によるワイヤレスセンサーノードを容易に開発できるプラットフォームとしている。スマートホームや工場、農場の環境状況をモニターするのに適する。

 同社のアナログ事業部長を務める長屋清永氏は、リリース上で「同キットを幅広い革新的なアプリケーションのプログラミングや、最適化を行える量産モデルとして利用することで、素早く市場参入できるようになる」と語る。

 CYALKIT-E02のサイズは直径25mm。5つのセンサービーコンを含んだ拡張版「CYALKIT-E03」も提供する。CYALKIT-E02が49米ドル、CYALKIT-E03が99米ドルで先行販売を開始している。量産開始は、両キットともに2016年7月の予定だ。


エレクトロニクス技術を駆使した製品を設計・開発するエンジニアやマネージャー層を対象に、半導体・電子部品、ディスプレイ、ネットワーク、ソフトウエア、エネルギー、設計・解析ツールなどに関する技術情報や、業界の最新動向を提供するサイトです。特集記事に加え、各種技術解説やトップへのインタビュー、海外発のニュースなど、エレクトロニクス分野における最新かつ専門性の高い情報を発信します。 http://eetimes.jp/