ものづくりニュース by aperza

複雑な仕事に喜びを覚えてしまう若手技術者

複雑な仕事に喜びを覚えてしまう若手技術者

若手技術者は自分が専門家であるという自負のもと、ものごとを複雑に複雑にしていく習性があります。

何か一つのことを実験で確かめるために、いきなり実体に近い大がかりな治具を作って模擬することで、その事象を確かめるということを、私がサラリーマンであったときの若手技術者の振る舞いを一例に、ご紹介します。

若手技術者の思考

その日、仕事の進捗を確認するチームミーティングに呼ばれて行ってみると、実務部隊の若手技術者たちもその場に呼ばれていました。

 

ある部品の検査手法を構築するという仕事を主に行っている若手技術者のAさんが、

「実体部品を模擬した、このような検査をまず行ってみたいと思っています。つきましては、部品を保持できる治具を製作したいです」

と言ったので、すぐに私はこう質問しました。

「今提案した実体部品を模擬した検査によって、何が知りたいのですか?」

 

すると、若手技術者Aさんの答えは、

「この検査を行ったことがないので、検査の基礎的な知見を積みたいと考えています」

 

これは、若手技術者特有の思考回路をよく表している事例です。

 

『検査の基礎的な知見を積み上げる』

という目的に対して、

『実体部品を模擬した検査』

は必要ないのです。

 

というのも、その当時、若手技術者Aさんは実体部品の検査どころか、検査そのものを行ったことがなかったのです。

 

『検査の基礎的な知見を積みあげる』

という考えそのものは間違ってはいませんが、それを形状を持った実態部品でいきなりやろうというところが問題なのです。

形状を持った物を評価しようとすると、形状由来の検査結果のばらつき、検査工程の複雑化など、評価すべきパラメータが増えていってしまうのです。

 

パラメータが増えれば増えるほど、本質が見えにくくなり、基礎的な知見を積みたい、という本流の目的からずれてしまいます。

結局、平板などの単純形状でまずは検査を行い、検査の概要を理解してほしい、ということで若手技術者Aさんも納得して動いてくれました。

『複雑=専門的』という考えへの対応

技術の本質というのは、極めてシンプルなものが基礎となって成り立っているのが実情です。

PCなどの性能が向上したこともあって、ソフトを用いたシミュレーションをはじめとした複雑な評価を、誰でも簡単にできるような時代になってきました。

 

今20代~30代の技術者は、深層心理の中で、

『複雑 = 専門的』

という考えができてしまっているのです。

 

もし、若手技術者が複雑なことをやろうとして苦労しているところを見かけたら、是非シンプルなところからやり直す、ということを指摘してあげるようにしてください。

これが、技術の本質を見るという技術者の基礎的な思考構築に繋がります。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。その後、複数の大手メーカーにて技術者として勤務。専門外の企業に転職したときは周りの会話についていけないという苦境に陥るが、試行錯誤の末に活字を基本とした独自の思考法を確立、開発最前線で成果を積み上げたことにより最先端研究プロジェクトリーダーに昇格。また、自らの立ち直りに実践した思考法を応用した技術者育成法により、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出。当時評価の低かった若手技術者を事業部最年少海外駐在者として送り出すなど、技術者教育でも高い評価を得た。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。川中から川下の企業の研究開発最前線での技術指導、サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面し、専門性を生かすも殺すも人材に大きく依存することを実感。さらに自らの技術者人材育成経験から技術者育成には一般的な人材育成と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要という考えに至った。その後、技術者に特化した人材育成プログラムがほとんど存在しないことに着目して「技術者人材育成研究所」を創業、FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/