100円均一ショップに学べ!現場の小さなアイデアを商品化する

100円均一ショップに学べ!現場の小さなアイデアを商品化する

最近見たテレビで印象に残っているのが「ヒャッキン~世界で100円グッズ使ってみると~」(テレビ東京系列)という番組だ。日本の100円ショップで売っているユニークな商品を外国に持って行って試してもらい、どんな反応をするか楽しむという内容。こんなアイデア商品があったのかと感心するとともに、想像できない使い方や価格の安さに現地の人が驚く、喜ぶ姿を見るのがとても楽しい。

▼例えば、仕事が忙しく、料理も苦手なフランス人のシングルマザー。たまには子供に手料理を作ってあげたいという悩みを、電子レンジで魚が焼けるクッキングシートで解決し、久々の家族だんらんを楽しんだ回はなかなかの感動ものだった。またお金持ちが多く住むモナコで、エルメスのケリーバッグを持ったセレブな女性は、テーブルの端に取り付けるだけでバッグを引っ掛けられるようになる折り畳み式のバッグフックを試し、「素晴らしいわ!いつもカフェではカバンを膝の上や椅子の上に置いていたのが、これで楽になるわ」と大喜び。セレブが100円グッズで喜ぶギャップが痛快だった。

▼普段、多くの便利に囲まれていても、実は気付かぬうちに不便さを感じていることは非常に多い。そこを見つけ、アイデアで解決する。これは日本人が昔から得意としてきた分野で、製造現場におけるカイゼン活動はその最たるもの。多くのアイデアが製造現場で生まれ、形になり、結果を出している。しかしながら、そのほとんどが社内にとどまり、門外不出だったりする。これはとても残念だ。こうしたアイデアを商品にし、海外工場向けに販売する。メード・イン・ジャパンを生み出す日本の工場で使われるアイデア商品。意外にニーズがあるんじゃないかと思ったりする。


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ