ものづくりニュース by aperza

淡々と仕事をこなす若手技術者への注意

淡々と仕事をこなす若手技術者への注意

淡々と仕事をこなす若手技術者ほど注意が必要です。

やる気がない、常識が無い、と昔から言われ続ける対象になってしまう若手技術者。

ところが、中には淡々と仕事をこなす上で、きちんと成果を積み上げられる若手技術者もいます。

マネジメント層を初めとした、技術者指導者層の方にとっては非常に楽な部下です。特に育成することなく、少し説明すればきちんとまとめあげて仕事を完遂できるからです。

「仕事を淡々とこなす若手技術者」ほど注意が必要

しかしこの手の「仕事を淡々とこなす若手技術者」ほど注意が必要です。淡々と仕事を進めてしまうゆえに、仕事が集中しやすく、要求もまた高まっていくからです。

それでもあまり不平不満は言わないというところが後に大きな問題になります。

 

実はどれだけ仕事ができるように見える、精神が強いと見える、そのような若手技術者でも、それぞれの当人たちには限界があります。

淡々と仕事をこなす若手技術者はこの限界を超えるまで表面的なSOSを発信することはありません。

それゆえ、SOSを発信し始めた時は既に手遅れになる可能性があります。

とある「エース」の事例

サラリーマン時代の経験をご紹介します。

ある技術者でエースと目された男性の若手技術者がいました。

どんな仕事も文句を言わずにこなしていたため、仕事が集中していました。

 

ところが、ある日「辛い」と言って精神疾患の診断を受け、その後もモチベーションが上がらなくなったその技術者は、

「仕事が満足にできない現状に満足ができない」

として、子供の出産のタイミングで育児休暇に入りました。

 

「育児休暇後はもう戻るつもりはない」

その時話したその技術者の言葉が本音だったのではないでしょうか。

 

この若手技術者の場合は、「育児休暇」という節目を上手く活用して自分なりにバランスを取ることに成功しましたが、当時のマネジメント層はかなりの焦燥感にとらわれていたというのを記憶しています。

 

ワークライフバランスが注目された昨今においても、男性社員の育児休暇取得率が3%ほどだった企業で、エースの若手技術者が育児休暇を取るということを予想できていなかったのではないでしょうか。

 

これ以外にも、話し始めたと思ったら「退職願」を提出する若手技術者の例も見たことがあります。

「仕事を淡々とこなす若手技術者」ほど、

「最近どうだ?」

と声掛けを行うことで早い段階でSOSをキャッチし、「仕事を淡々とこなす若手技術者」を、「将来を担う中核技術者」へと成長させられるようサポートをしてください。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/