液晶でもない、有機ELでもない!ハサミで好きな形に切れるディスプレイ

液晶でもない、有機ELでもない!ハサミで好きな形に切れるディスプレイ

物質・材料研究機構(NIMS) 機能性材料研究拠点 電子機能高分子グループ 樋口 昌芳 グループリーダーらの研究グループは、ハサミで好きな形に切れる新しいディスプレイを開発した。好きな形に切り取って使え、衣服や建物など複雑な形状のものに張り付けるなど、従来のディスプレイでは表現できない様々な表示用途への利用が可能になる。

zu1

文字や絵が表示できる一般的なディスプレイは、身の回りで幅広く使用されている。近年、デジタルサイネージやウェアラブルデバイスに代表されるように、様々な形状で情報を表示するディスプレイの需要が高まってきている。しかし、これまで開発されたディスプレイは、液晶は液体を使用し、有機ELは水や酸素などの不純物に弱く、それぞれ周囲を封止する必要があるため、完成後に切って自由に形を加工することはできなかった。さらに、これらのディスプレイは、表示を保持するために電気を流し続ける必要があり、ディスプレイは電源や駆動装置と一体化されており、そういった理由からも切れるディスプレイの開発は困難だった。

今回、研究グループは、これまで研究してきたエレクトロクロミック特性を持つポリマー(有機/金属ハイブリッドポリマー)を使い、ハサミなどで好きな形に切ることができるディスプレイを開発した。このポリマーは、スプレーでコートすることによりフレキシブル基板上にきれいに製膜でき、さらに湿気や酸素に対する高い安定性も有している。また、表示を変えるには電気を数秒流すだけでよく、電源を切っても表示が保持される。そのため、電源ユニットを取り外しても使え、好きな形に切り取った後でも表示を変えられる。

zu3

研究グループは、今後は、ディスプレイの大面積化と多色化を目指す。さらに、乗り物や建物の窓や外装・内装など、あるいは傘やサングラスなど、様々なものの色を自由に変えたり、必要に応じて文字や記号を表示できる「色の着替えを楽しむ新しいライフスタイル」を提案していく予定。

出典:物質・材料研究機構(NIMS)、科学技術振興機構(JST) 、好きな形に切れるディスプレイの開発に成功


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。