ものづくりニュース by aperza

注目が集まる! ウェアラブルデバイスの現場利用とIoXソリューション

注目が集まる! ウェアラブルデバイスの現場利用とIoXソリューション

※当コンテンツは新日鉄住金ソリューションズ株式会社の提供でお届けいたします。

wearable-devices_main-thumb-680xauto-1386

NSSOLは、AR(拡張現実感)やウェアラブルデバイス(身につけて持ち歩くことができる機器や装置)の技術を使って、製造や物流を中心とする現場作業を支援するソリューションを展開しています。

その代表的なデバイスはARメガネ。2013年、米グーグル社から「Google Glass」が発表されると、一躍注目を集めましたが、実際に手にしたことのある方はまだそう多くはないのではないでしょうか。大多数の方にとってはなかなかイメージしにくいものかもしれません。

新日鉄住金ソリューションズ株式会社では、2016年3月に開催した「ウェアラブルの現場利用!体感セミナー」内でARメガネを中心とした展示を行いました。その様子も含め当社のウェアラブルデバイスを使ったソリューションについてご紹介します。

NSSOLでのAR技術への取り組み

ARメガネとは、メガネのレンズ部分に情報をテキストとして映し出したり、映像を流したりできるデバイスのことです。

NSSOLでは2008年ごろから、システム研究開発センターでARメガネをつかったソリューションの研究を開始しました。最初は、研究員の個人的な興味からでしたが、ARメガネを装着することでハンズフリーになること、インターネットを通じて遠隔地と様々な情報のやり取りができることなどから、製造や物流を中心とした現場支援や作業記録の効率化などに適用できないかという発想がうまれ、研究を加速させていきました。

その過程で、ユーザとしてARメガネメーカーであるVuzix社とARメガネを共同開発もしました。そして現在ではお客様の実際の作業現場で活用するための実証プロジェクトを多数進めています。

スクリーンショット 2016-11-10 14.49.14

実際の作業現場ではどう活用されるのでしょうか。以下に具体例をご紹介しましょう。

プラントエンジニアリング企業様における実証実験

お客様は以下のような課題感をもってらっしゃいました。

【Before】
プラントエンジニアリング企業様においては、工場内の点検作業では若手作業員とベテラン作業員と二人一組で現場を回っていました。ペアで作業すればベテランのノウハウを若手に伝授することができますが、ベテランの人数が限られる中では効率的ではありませんでした。また、マニュアル類を持ち歩いての作業でしたので安全性に課題がありましたし、点検を終えて事務所に戻ってからレポートを書くため業務が煩雑でした。

【After】
そこで点検作業にARメガネの導入を検討しています。ARメガネに装着されているカメラやマイクなどを通して管理室でモニタリングしているベテランとやり取りすることで若手でも一人で点検作業にあたることができるようになります。作業のチェック項目もメガネのレンズに表示されますので、点検マニュアルを持ち歩く必要もなくなります。更に作業が完了した機械部分を、作業員がレンズを通して見ると、自動で作業項目にチェックが入るので、紙のレポートを作成する必要がなくなります。

スクリーンショット 2016-11-10 14.56.17

この他にも自動車整備の作業手順、作業者の位置確認推定、ピッキング作業支援などなど、さまざまな分野でさまざまな活用が見込まれています。

新日鉄住金ソリューションズ株式会社では、今後も「ウェアラブルの現場利用!体感セミナー」の実施、ウェアラブルデバイスの展示を行っていきますのでご興味がありましたらご参加ください。

IoXソリューション事業推進部が始動

国内での労働人口の縮小・高齢化、熟練した作業員のリタイヤや海外における労働者の早期離職の課題などから、現場におけるITでの作業支援の需要が高まりをみせています。

当社でも製造・物流分野のお客様を中心にIoT活用による現場の課題解決への高い期待をお寄せいただいており、これらのご要望にお応えするために、2016年4月1日『IoXソリューション事業推進部』を組織しました。

 

「IoX」とは、「IoT(モノのインターネット化=Internet of Things)」と「IoH(ヒトのインターネット=Internet of Human)」の概念を含んだ当社の考える新しいソリューションです。

 

例えば、製造や物流の現場は「Things(モノ:設備など)」と「Human(ヒト)」によって支えられていますが、当社が特に注目しているのがこれまで手薄だった現場にいる「ヒト」のIT武装(IoH)です。

今回ご紹介したARもその取り組みのひとつですが、これと併せて装置や設備などのIoT化にも取り組みヒトとモノが連携し安全で柔軟に、そして効率的に機能するスマートファクトリーの実現をめざします。

IoXは、各種プロダクトからアプリケーションやクラウドなどの基盤に至るまで、幅広い技術や知見が求められ、まさに、当社の総合力で提供するソリューションです。

モノづくりの現場から生まれたITソリューションパートナーである当社のIoXソリューションにご期待ください!

出典:『注目が集まる! ウェアラブルデバイスの現場利用とIoXソリューション』新日鉄住金ソリューションズ株式会社


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。