河村電器産業&シュナイダーエレクトリック カスタムラック共同開発

河村電器産業&シュナイダーエレクトリック カスタムラック共同開発

河村電器産業(愛知県瀬戸市)とシュナイダーエレクトリックは、共同で大規模データセンター向けにカスタマイズ可能なラックを開発し、販売を開始した。

新製品は、最少1台からカスタマイズ可能なうえ、これまでラックをカスタマイズする場合は約3カ月かかっていた製造納期を最短で約1週間に大幅に短縮。

震度7クラスの地震の1.25倍の揺れに相当する耐震試験をクリアした堅牢性を有し、さまざまな幅、奥行き、高さに対応可能な豊富なラインアップをそろえている。

また、シュナイダーエレクトリックのUPSやラックマウントPDUなどの機器を搭載可能で、同社の冷却コンテイメント(EcoAisle)や局所冷却製品(InRowクーリング)にも対応できる。

両社は2015年からデータセンター、サーバールーム分野で協業。17年7月にはシュナイダーエレクトリックのUPS「Symmetraシリーズ」や「Smart-UPSシリーズ」を河村電器産業で販売する一方、シュナイダーエレクトリックでは、河村電器産業が開発した分電盤と自社の「Symmetraシリーズ」を組み合わせたソリューション製品を顧客に提案している。

 

出典:河村電器産業 シュナイダーエレクトリックと河村電器産業、協業を拡⼤し共同で⼤規模データセンター向けカスタムラックを開発


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ