日本航空電子工業 小型丸型防水コネクタ開発 5点接点で耐振動性能強化

日本航空電子工業 小型丸型防水コネクタ開発 5点接点で耐振動性能強化

日本航空電子工業は、ロボット、工作機械をはじめとした、耐環境性を必要とする産業機器のサーボモータ等に適した小型丸型ワンタッチロック防水コネクタ「JN2Vシリーズ」を開発し、販売を開始した。

新製品は、従来品のJN2シリーズと外観、寸法は同じで、嵌合互換性を保持しながら、接点構造の変更により耐振動性能を強化。JN2シリーズのコンタクトが2点接点構造であるのに対し、5点接点構造を採用することで振動を受けた場合にも接点を確実にホールドし、安定した接続を維持する。

耐振動性能は、JN2シリーズと比較して2.5倍の245メートル/s2(25G)の振動条件に対応。

嵌合時IP67の防水性能およびマイナス20℃~プラス100℃の使用温度範囲を確保している他、プッシュツイスト方式によるワンタッチロック構造で、アングルタイプはケーブル引出方向を90度間隔の4方向で設定可能となっている。

同社では小型防水I/Oコネクタとしてシリーズ化する計画で、耐環境性能が必要とされるロボット、自動機、工作機械をはじめとする産業機器のサーボモータ等に幅広く拡販していく。

 

出典:日本航空電子工業 耐振動性能に優れた産業機器向け小型丸型コネクタ「JN2Vシリーズ」を開発・販売開始


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ