日本とドイツ、 IoT/インダストリー4.0 で協力へ。共同声明に署名

日本とドイツ、 IoT/インダストリー4.0 で協力へ。共同声明に署名

4月28日、日本の経済産業省とドイツ経済エネルギー省は、IoT/インダストリー4.0 協力に係る共同声明への署名を行った。今後この分野で連携し、毎年、IoT/インダストリー4.0協力に関する局長級対話を毎年実施していくとしている。
また民間や研究開発機関の間での協力関係の構築 民間のプラットフォーム協力については、ロボット革命イニシアティブ協議会とプラットフォームインダストリー4.0間で連携強化に係る文書を4月28日に締結。 研究開発協力についても、産業技術総合研究所とドイツ人工知能研究所との間で研究協力の LoI を締結済みであり、今後具体的な協力に向けて連携強化の調整を行っていくとしている。

Photo_2 (1)

ポイントは7つ

① 産業サイバーセキュリティ

・ 両国企業(中小企業を含む)によるベストプラクティスの共有

・ 制御システムセキュリティに関する共同演習の実施 ・ 国際的な規制に関する協力

② 国際標準化

・ 両国間でのユースケース(先進事例)の共有

・ 標準やアーキテクチャーモデルに関する協力

・ ドイツが進めるアーキテクチャーモデル「RAMI4.0」を利用した国際標準 づくりの推進

③ 規制改革

・ OECD、G7、G20 等の多国間対話の場での協力

・ データの所有権を含め、データ活用やプライバシーに情報交換

・ IoT 関連の規制(自動運転やスマートホームを含む)に関する協力

④ 中小企業

⑤ 人材育成

・ 中小企業のための IoT に関連する取組や政策に係る情報交換

・ 上記情報に基づく共同プロジェクト

(相互訪問やビジネスマッチング、 中小企業支援拠点への日独相互アクセス等)

⑥ IoT/インダストリー4.0 に関する研究開発

・ IoT 関連技術の研究開発ロードマップに係る意見交換

・ 研究機関間での共同プロジェクト

(産業技術総合研究所とドイツ人工知 能研究所との間で研究協力の LoI を締結済みであり、今後具体的な協 力に向けて連携強化の調整を行っている) 。

⑦ プラットフォーム

・ ロボット革命イニシアティブ協議会とドイツのプラットフォームインダス トリー4.0の間で相互アクセスを可能とする

出典:経済産業省 日独IoT/インダストリー4.0協力に係る共同声明への署名を行いました


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ