ものづくりニュース by aperza

新しい技術を開発する若手技術者の必須スキル

新しい技術を開発する若手技術者の必須スキル

円安で製造業の輸出業が好調とはいえ、基本的には日本の製造業は人件費の安い中国や東南アジアに押されてしまっています。

そのような中、必要とされているのが、「新付加価値の技術」です。

ここで問いかけたいことは、新付加価値の技術を生み出すのに必要な若手技術者の必須スキルとは何か、ということです。

 

高い専門性ですか?

高学歴ですか?

社歴ですか?

現場での成果ですか?

 

どれもはずれではありません。

しかし決定打ともいえません。

新付加価値の技術を生み出すのに必要なスキル、それは、素材、設計、試験、製造、検査といった一連の仕事をこなせる力だと思います。

 

まず技術者が陥りがちな思考回路。

「この仕事は私の仕事ではありません」

「これは専門外なのでわかりません(できません)」

という線引き思考のことです。

 

自分の仕事範囲を自分で狭める様な人は新付加価値を見出すような研究開発をすることはまず無理です。

視野が狭すぎるため製品の全容を見ながら考えるという、製品開発に必須のスキルが無いからです。

かといって、色々な仕事を若いうちに経験させておけばいいのか、というと少し状況がことなります。

 

大切なことは、「軸足はぶらさない」ということです。

きちんとした主軸を持たせておかないとただの「器用貧乏」になってしまいます。

当然ながら脈絡なく、技術、営業、会計、総務などを経験させるのは違います。

 

当然技術者ですので技術の中での経験拡大ですが、プログラミング、材料設計、形状設計、解析、品質保証をやみくもにやるのではなく、何か共通の軸を持ったうえで様々な技術職を経験させることをお勧めします。

そしてこの時にできる限り製品の川上(かわかみ)に軸足を置くと上記のスキルを上げやすくなります。

 

アルミニウムで作る製品を一例に挙げます。

アルミニウムの材料試験などのスキルを積んだ後、その材料を使った形状設計や解析。

またアルミニウムの鍛造や鋳造、機械加工といった製造工程と品質保証。

 

川上から徐々に川下へと降りていきます。

ただしあくまで軸は川上にあるアルミニウムという素材。

このように川上に軸を置くことでぶれることなく仕事に取り組むことができます。

 

このようにして一通りを経験した技術者は、非常に広い視野と高い視点で仕事をできるようになります。

自社でのスキルアッププラン検討の一案にご検討いただければと思います。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。世界的な展示会での発明賞受賞、海外科学誌に論文を掲載させるなど研究開発最前線で業務に邁進する一方、後身の指導を通じて活字を基本とした独自の技術者人材育成法を確立。その後、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出した。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面。過去の技術者育成経験から、「一般的な人材育成」と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要と考え、「技術者人材育成研究所」を創業。FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、その受け皿となる現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『技術報告書 書き方の鉄則』、『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/