ものづくりニュース by aperza

技術者が《海外》とやり取りする際のポイント

技術者が《海外》とやり取りする際のポイント

をまたいでの事業が当たり前になりつつある昨今、海外を相手に仕事をするということも珍しくありません。

巨大マーケットをもつ中国やインド、経済の中心地である北米、洗練された他国多人種の集まりである欧州など、ものづくり企業にとって海外は無視できないどころか、今後の企業の存亡を占う存在です。

そんな時代にあって海外とのやり取りは非常に大切なミッションとなります。

 

「若者は内向き思考」と言われているこの時代ではありますが、実は若手技術者の多くは海外でのやり取りに非常に向いているケースが多いです。

内向き志向と言われているのは、インターネットなどが普及し、無理に海外に行かなくても海外の基本情報を取得し、メールはもちろん、顔を見ての音声やり取りが普通になっている、ということが一つの可能性ではないかと考えています。

海外とのやり取りが得意であるというのは、若さゆえの好奇心に裏打ちされたもので、若手技術者を海外とのやり取り窓口にさせる、というのは経験として非常に重要となります。

 

ところが、留学など何かを「学ぶ」、友達感覚で「好きなことを話す」、というのと異なり、仕事というのは、「議論しながら前に進める」ということが必要となります。

このため仕事として海外でのやり取りとなると、「緊張してやりとりできない」というケースが多々出てきます。

これはある意味不思議な現象です。

 

このようなケースを打破する一つの手法としては、「ミッションを与えた上で現地に一人で送り込んで経験を積ませる」というのが効果的です。

とりあえず送り込むではなく、明確なミッション(仕事の到達点、成果物など)を与えた上で、海外に一人で送ることが重要です。

達成しなくてはいけない目標がはっきりしているので、言葉も文化も異なる現地で若手技術者は試行錯誤することになります。

 

この試行錯誤こそ若手技術者の経験の血となり肉となっていくのです。

上司が一緒に行くのではなく、ぜひ、ミッションを明らかにしたうえで独りでやらせてみてください。

後々、海外とのやり取りをこなす頼もしい技術者となるに違いありません。


技術者育成研究所所長・FRPコンサルタント。入社2~3年目までの製造業に従事する若手技術者に特化した法人向け人材育成プログラムを提供し、自ら課題を見つけそれを解決できる技術者育成サポートを行う。◎東京工業大学工学部高分子工学科卒業後、ドイツにある研究機関 Fraunhofer Institute での1年間のインターンシップを経て同大学大学院修士課程修了。その後、複数の大手メーカーにて技術者として勤務。専門外の企業に転職したときは周りの会話についていけないという苦境に陥るが、試行錯誤の末に活字を基本とした独自の思考法を確立、開発最前線で成果を積み上げたことにより最先端研究プロジェクトリーダーに昇格。また、自らの立ち直りに実践した思考法を応用した技術者育成法により、技術者人材育成に悩みを抱えていた事業部から、多くの自発的課題発見/解決型の技術者を輩出。当時評価の低かった若手技術者を事業部最年少海外駐在者として送り出すなど、技術者教育でも高い評価を得た。◎11年にわたる企業の技術者勤務の後、自らの専門性を生かし複数企業と直接顧問契約を結ぶFRPコンサルタントとして独立。川中から川下の企業の研究開発最前線での技術指導、サポートを行う中で多くの企業が技術者人材育成に苦労している実情に直面し、専門性を生かすも殺すも人材に大きく依存することを実感。さらに自らの技術者人材育成経験から技術者育成には一般的な人材育成と異なる技術者に特化した「技術者人材育成」が必要という考えに至った。その後、技術者に特化した人材育成プログラムがほとんど存在しないことに着目して「技術者人材育成研究所」を創業、FRPコンサルタントとしてFRPに関連する高い専門性の技術指導やサポートを行う一方、現場の技術者の人材育成にも精力的に取り組んでいる。◎主な著書に『CFRP~製品応用・実用化に向けた技術と実際~』(共著)など。◎Professional member of Society of Plastics Engineers( SPE; 米国プラスチック技術者協会)◎– 高分子学会(The Society of Polymer Science) 正会員◎– 繊維学会(The Society of Fiber Science/Technology)正会員◎– NPO インディペンデント・コントラクター協会(IC協会)正会員◎– 国立大学法人 福井大学 非常勤講師 http://engineer-development.jp/