工場管理のIoT、特許総合力トップ3は日立、オムロン、新日鉄住金

工場管理のIoT、特許総合力トップ3は日立、オムロン、新日鉄住金

パテント・リザルトは、工場管理のIoT関連技術と関連特許3,878件について、特許の質と量から総合的に見た評価を実施。その結果、特許総合力ランキングは、1位 日立製作所、2位 オムロン、3位 新日鉄住金となった。
スクリーンショット 2016-07-11 1.34.22

【工場管理のIoT関連技術 競合状況】
famiot01

 1位 日立製作所の注目度の高い特許には、「家電製品などの部品組み立て工場における、組立作業不良の起こり易さを事前に推定する方法」や「複数の管理工程からなる製造ラインでの生産管理を一元化し、顧客要求納期への対応力向上や、棚卸資産の最小化を図ることができる技術」などが挙げられる。

 2位 オムロンの注目度の高い特許には、「複数の製造プロセスにおける品質関連情報をもとに、対象製品の品質を推測する技術」や「心理的負担が少ないように作業者の作業範囲を容易に撮像可能な作業管理システム」などがある。

 3位 新日鉄住金は、「納期遵守率や設備稼働率、コストなどの観点を考慮して生産・物流スケジュールを作成する手法」や「納期遵守と、各工程の負荷状態を適正に保持することを両立させて生産効率を向上させる技術」などが注目度の高い特許として挙げられる。

 6位以下には、神戸製鋼所、JFEスチール、NTN、リコーなどがランクインしている。

出展:パテント・リザルト、工場管理のIoT関連技術、特許総合力トップ3は日立、オムロン、新日鉄住金


ものづくりニュース編集部です。日本の製造業、ものづくりの活性化を目指し、日々がんばっています。