岩崎通信機 Z-Wave S2対応 IoTゲートウェイ 日本初上陸 優...

岩崎通信機 Z-Wave S2対応 IoTゲートウェイ 日本初上陸 優れた安全性

岩崎通信機は、機器の簡単な導入と安定稼働を実現するZ-Wave Security 2(S2)対応IoTゲートウェイ「Smart-BRIDGE-C3(3G対応モデル:SIMフリー)」および「同CL(有線LAN対応モデル)」を開発し、IoTサービス事業者向けに2月28日から発売した。販売計画は年間3万台。

簡単導入、安定稼働を実現

Z-Waveは、北米や欧州で普及しているIoT無線規格で、低消費電力、長時間運用を要するセンサーネットワークに適している。

新製品は、従来Z-Waveで用いられていた方式に比べ、安全性に優れたコマンドクラスS2に日本で初めて対応。また、USBホストポートによりZ-Wave以外の有線/無線センサー収容においてカスタマイズが可能となっている。

同社では、設置環境における無線状態の確認が可能な工事ツール、および設置後のセンサーやIoTゲートウェイの状況を確認するための遠隔保守サービスの提供(6月開始予定)により、設置時の簡単な導入と運用時の安定稼働を実現。IoTサービス事業を開始する事業者の課題を解決し、運用におけるトータルコストの削減に貢献する。

さらに、ゲートウェイの発売に合わせて、ゲートウェイと接続検証を行ったマルチセンサー(人感、明るさ、温度、湿度)とドア開閉センサーも発売している。

sol_image
▲介護施設におけるソリューションイメージ

 

同社はIoT無線センサプラットフォーム「Smart-REACHシリーズ」で、Z-Waveを使ったゲートウェイをLED照明調光システムやHEMS向けに販売しており、すでに累計5万台以上を出荷。強みである電波の到達距離、製品の品質を保ちつつ、同製品の開発販売で培ったノウハウを生かし、セキュリティが強化されたS2に対応することで無線通信の安全性を向上したとしている。

 

出典:岩崎通信機 日本初Z-Wave Security 2(S2)対応 IoTゲートウェイSmart-BRIDGE-C3/CLを発売


1975年群馬県生まれ。明治大学院修了後、エレクトロニクス業界専門紙・電波新聞社入社。名古屋支局、北陸支局長を経て、2007年日本最大の製造業ポータルサイト「イプロス」で編集長を務める。2015年3月〜「オートメーション新聞」編集長(現職)。2016年5月〜「ものづくりニュース by aperza」編集長兼任。 趣味は釣りとダーツ